一流ビジネスマンを演出するシューズブランド10選

一流ビジネスマンは「靴のブランド」にこだわる。

 

ビジネスマンのレベルは「靴」で大きく左右されるもの。

 

多くの著名人がそう断言し、一流のビジネスマンこそ「靴」にこだわると言われている。

ある大企業の秘書の方が「靴が乱れている人は細かいことに気が配れない、若しくは気を配れるだけの精神状態にないということだ。社長に悪い影響があるので、靴が汚れている方にはお引取り願っている」と仰っていたと紹介されているくらいだ。

 

靴はあなたの価値を決めるひとつのアイテムである。

 

今回は、一流ビジネスマンが履くべきおすすめの靴ブランド10選と題して、紹介をしていきたいと思う。

 

一生の友として、一足買ってみてはいかがだろうか?

自分に合った靴を手に入れることが出来れば毎日がより豊かなものなるはずだ。

 

 

 

 

 

エントリーNO.1 Paraboot(パラブーツ)

1908年、レミー・リシャール・ポンヴェールが設立したシューズブランド。

フランス東部の小さな町からスタートし、創業当社は登山用シューズを製作していたこのブランドは

現在は当時のシューズ作りで学んだ知識を活かし、頑丈で使い勝手抜群のビジネスシューズなども手がけている。

リッチな価格に見合う質の高さに、フォーマルな服装からドレッシーな佇まいまで、キレイめコーデの足元に是非ともセレクトしたい一足。

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.2 madras(マドラス)

1946年、イタリア・ベネチア郊外で誕生したシューズブランド。

イタリアの伝統的なクラフトマンシップを継承し、常に洗練されたビジネスシューズを作り続けていて

デキる男を作るシャープで上品なシューズは貴方の足元をおしゃれに仕上げてくれることだろう。

また、洗練されたフォルムと高い機能性を兼ね備えたストレートチップシューズとしても知られていて

比較的リーズナブルなビジネスシューズということもあり、手にしやすい一品だ。

 

 

 

 

 

エントリーNO.3 MR.OLIVE(ミスターオリーブ)

2003年、長尾亘が設立したファッションブランド。

“Created in japan product of japan”をコンセプトに作られたアイテムは、どれも高品質で使いやすい。

高級感ある光沢がシンプルなスーツ姿に絶妙なアクセントを加えてくれ、周りのメンズに差をつける一足となっている。

写真は、雨の日でも快適に過ごせるウォータープルーフシューズ。

履き心地もソフトだから、サラッと履けるのも嬉しいポイントで

一流のビジネスパーソンを目指すならば機能性まで気を配っておこう。

 

 

 

 

 

エントリーNO.4 JOHN LOBB(ジョン・ロブ)

世界の名立たる靴ブランドの中でも、トップに君臨し続けている名ブランド『ジョン・ロブ』。

写真は、最高の靴を取り揃えるジョン・ロブらしい、上品なフォルムの革靴をピックアップ。

丸みを帯びたソールや艶やかな光沢感など、足元から優美な彩りを貴方に提供してくれる。

数ミリのズレや妥協も許さない、強すぎるプロ意識を持った最高の職人たちが作り出す紳士靴はまさに「一級品」

そんな至高の一足は、貴方の足元を一生支えてくれることだろう。

一流のビジネスマンなら“絶対に一足は持っておきたい”世界最高峰のシューズブランドだ。

 

 

 

 

 

エントリーNO.5 Berluti(ベルルッティ)

 

1895年に創業し、100年以上語り継がれる「一流の靴」。

本物の革を愛する王族や貴族に愛され続けた、歴史あるブランドとして世界に君臨している。

ベルルッティの作品は画家“ピカソ”をはじめ、著名な芸術家にも愛されていて

履けば履くほどに味わいを増すヴェネチアレザーに、パティーヌと言われる染色技術で最高の一足を作り出している。

一生のパートナーとして一足は持っておきたい、まさにビジネスシューズの王様といえるだろう。

 

 

 

 

 

エントリーNO.6 Church’s(チャーチ)

英国紳士の靴ブランドとして、日本でも多くのファンに愛されている『チャーチ』。

今でこそ世界に名を轟かす一流ブランドですが、元々は小さな工房からはじまったとされるから驚きだ。

イギリスのシューズらしい木型を基調として独特な風格を醸し出す「大人の靴」を作り出し

その工程は250にも及ぶと言われ、約8週間をかけて至高の一足を世に生み出すと言われている。

1999年のプラダグループ後は、格式ある伝統にモード系のモダンが合わさり新時代の靴で世間を驚かせ続けている。

 

 

 

 

 

エントリーNO.7 SANTONI(サントーニ)

 

 

イタリアを代表する高級シューズブランド、サントーニ。

伝統と格式に包まれた上品なデザインと、一つひとつ手作業で作られた“こだわり”抜いたエレガンスなオーラが特徴。

履く人の雰囲気を一流に変える魔法の靴と言われている

イタリアの靴らしい芸術的な色合いで、まるで絵画のようなアーティスティックな雰囲気を醸し出す名品はきっと貴方の一歩を美しく誘ってくれるだろう。

 

 

 

 

エントリーNO.8 CORTHAY(コルテ)

 

 

靴ブランドの中で、最もアーティスト色の強いビジネスシューズを取り揃えている『コルテ』。

遊びゴコロ溢れるデザインの中に、イギリスの伝統手法を用いたクラシカル要素を加え、最高の一足を生み出す。

元々、高級オーダーメイドブランドとして創業したため、ビスポークの技術は既成品にも採用。

既成靴史上、最も美しいフォルムを楽しめるおすすめのブランドだ。

 

 

 

 

 

エントリーNO.9 GAZIANO&GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)

 

 

 

『ガジアーノ&ガーリング』は、英国シューズブランドとして名高いジョージ・クレバリーと、英国を代表する老舗シューズメーカーである「エドワード・グリーン」で

傑作と言われるビスポークを開発したトニー・ガジアーノの2人がプロデュースする正統派ブランド。

2007年に本格的に展開して以来、既成品のレベルを超えたイギリス紳士として履くべき最高の靴を取り揃えている。

 

 

 

 

 

エントリーNO.10 TOD’S(トッズ)

 

 

今回ご紹介するシューズブランドの中でも、知名度は最も高いと思われるのが『トッズ』。

優れたドライビングシューズを生み出すことで有名な靴ブランドですが、ビジネスシューズも負けず劣らず。

ビジネスシューズとは思えない軽快なフィット感と、軽い履き心地からは想像できない重量感のある雰囲気を楽しめます。

ラバーソール仕様の軽量と優しいフィット感が日本人好みの足元を作り出してくれるはず。

 

 

 

 

 

 

毎日が楽しくなる至高の一足を。

外に出るときに必ず行う「靴を履く」という習慣。

 

“最高の靴は一生の友になる”とも言われている。

あなたも至高の一足を手に入れて、一生のパートナーを見つけてみてはいかがだろうか?

きっと、毎日家を出る時が最高に楽しみになること間違いないだろう。

プレゼントに最適!カジュアルウォッチ10選

 

 

腕時計はプレゼントとしても最適で、喜ばれること間違いなし。

誕生日やクリスマス、父の日にお父さんにプレゼントするのも良いだろう。

 

腕時計をプレゼントするのであれば、値段もさることながら機能性を重視した方がよく

普段使いに優れているものを選ぶべきだろう。

今回の記事では、プレゼントにも最適なカジュアルウォッチ10選と題して

普段使いに向いている商品をピックアップしてみたので、是非参考にして頂きたい。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.1 HAMILTON (ハミルトン)

 

 

 

ユニークな形・個性・デザインが特徴的な『ハミルトン』

 

男が求める「かっこいい」や「スマート」、「クール」など全てを持つ腕時計ブランドだ。

シンプルにかっこいいの一言でデザイン・機能性ともにトップクラスと言えるだろう。

 

価格が20万近く、かなり高価なのでお父さんの節目の年の父の日にとっておきのプレゼントとして贈ろう。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.2 Orobianco (オロビアンコ)

 

 

ビジネスパーソンにとってか欠かせないブランドになった『オロビアンコ』。

 

幅広い世代にマッチするデザインのため、付ける人の年齢を問わないので

若いお父さんからご年配のお父さんまで、どなたにでも似合うだろう。

 

自動巻きのため毎日腕時計を身に着ける父親へのプレゼントに最適ではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.3 G-SHOCK

 

 

 

カジュアルスタイルに抜群の相性を発揮する時計の『G-SHOCK』

 

カモフラージュ柄を文字盤にデザインしたおしゃれな腕時計は

日常生活用強化防水のため、適度な汗なら壊れない逸品に仕上がっている

ブラックでクールな腕時計をジョギングや軽いスポーツをするお父さんに、父の日にプレゼントしてみてはいかがだろうか。

価格は約11,000円とリーズナブル。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.4 DIESEL(ディーゼル)

 

 

個性的で斬新なデザインが特徴の『ディーゼル』の腕時計

 

戦闘機の操縦席にある計器類からインスパイヤーされて作られたレイヤードモデルはクールなデザインに。

茶色の革ベルトはデニムやチノパンとの相性がいいため、おしゃれ好きなお父さんに贈ってみてはいかがだろうか。

価格は約23,000円程。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.5 DanielWellington(ダニエルウェリントン)

 

 

若者の間に一世を風靡した『ダニエルウェリントン』の腕時計。

 

黒の文字盤は父親世代でも着用できる、落ち着きのあるシンプルなデザインになっている。

また、ペアウォッチが人気のため、父親とお揃いで買ってもよし、両親へのプレゼントしても良しの最高の腕時計だ。

価格は22,000円程。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.6 Applewatch(アップルウォッチ)

 

 

 

ここ数年で多くの人が手にしてブームになりつつある『アップルウォッチ』

 

iPhoneと同期ができ、普段のスケジュール確認やメールなどを時計一本でできるスマートウォッチだ。

人によってはビジネスウォッチとして使う人もいるため、もしかしたらお父さんが普段から使用する必須アイテムになるかも。

iPhoneなどのハイテク機械が大好きなお父さんには是非プレゼントしてあげたい一品だ。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.7 SUUNTO(スント)

 

 

 

アウトドアスポーツを好むお父さんなら『SUUNTO』の腕時計で決まり。

 

生活防水はもちろん、コンパス機能や、高度計、気圧計が腕時計に詰まっているため、様々な場面で使用できるアイテムになっている。

登山などの趣味が多様なお父さんの強い味方になる腕時計を父の日ギフトにプレゼントしてみよう。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.8 SEIKO SNDC87PD

 

 

カジュアルでありながらも落ち着いたデザインが特徴の『SEIKO』の腕時計。

 

白の文字盤に黒と赤を配置することで、高級感がある仕上がりになっており

価格は約1万円とは思えない、高級感のデザインと機能を兼ね備えたコスパ最強の腕時計だ。

父の日や誕生日に予算一万円程で考えている方は、ぜひSEIKOの腕時計を父の日に贈ってみてはいかがだろう。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.9 CITIZEN アテッサ エコドライブ

 

 

日本・アメリカ・中国にいる間は電波を受信し、自動で時刻を調整する『CITIZEN』のATTESAモデルの電波時計。

 

機能はもちろんのこと、スリムなデザインと軽量のため、付けていても違和感がないこの時計は

知名度も高く、人気のブランドとして知られている。

今年の父の日は奮発して良い腕時計を贈りたいと考えている方は、CITIZENの腕時計をプレゼントしてあげよう。

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.10 ORIENT エレガントクラシック

 

 

ビジネスシーンでも強く後押ししてくれる『オリエント』のクラシックモデル。

 

細部までこだわった本物志向の腕時計は、時計好きの父親ならきっと喜んでくれる贈り物に最適。

自動巻き+手巻き機能がついているため、自ら時計を巻けるメリットあり、シックで重厚感がある。

価格は約5万円。

 

 

 

 

 

 

 

今回は誕生日や父の日に贈ると喜ばれるような腕時計を紹介してきました。

 

紹介した時計はどれもかっこよく、お父さんも毎日つけたくなるようなものばかりではないだろうか。

 

しかし、人によっては腕時計に強いこだわりがあるため、好みなどは事前に確認するようにしておこう。

 

是非、父の日にかっこいい腕時計と感謝の気持ちを一緒に贈ってあげよう。

【10万円~50万円】腕時計のラグジュアリーブランド7選

 

今回は、【1万円〜10万円】リーズナブルな腕時計の定番ブランド7選に続いて

10万円~50万円のラグジュアリーブランドのおすすめ7選ということで紹介していこうと思う。

 

ラグジュアリーブランドの価格としては、頑張れば手に届くようなブランド腕時計から

一生に一本持てたら嬉しいラグジュアリーブランド時計まで、様々。

 

一般的には決して安くはない買い物だけに、慎重に、冷静にに選ぶべきだろう。

 

そんな“一生に一本の相棒”を探している人に、今回の記事が役に立つことを願う。

それでは、さっそく紹介していこう。

 

 

 

 

 

エントリーNO.1 Hamilton(ハミルトン)

 

 

メンズに人気の時計ブランド『Hamilton(ハミルトン)』はアメリカ発祥の時計ブランド。

 

第二次世界大戦の時にはアメリカ兵士の勲章に採用されてから

ハリウッドスターや大統領にもファンが多いアメリカを代表するブランドだろう。

アメリカらしい自由なデザインと、常に革新を目指すチャレンジスピリッツ、時計ブランドらしい本格的な造りが魅力的だ。

 

ハミルトンのおすすめモデルは、”アメリカの反骨さと自由を体現した音楽ジャズ”の名を使ったジャズマスター

 

ジャズの服装をイメージさせるフォーマルでドレス調のデザインが特徴で

ハミルトンの中でもトップクラスの人気を誇っているデザイン。

価格は20万円程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNO.2 TAG Heuer(タグホイヤー)

 

 

若い男性を中心に人気を集めている『TAG Heuer(タグホイヤー)

 

若者への人気を獲得しつつ、150年以上の歴史を誇るスイスの老舗ブランドで、今もなお世界中で数多くの人達に愛され続けている。

F1界と密接に結びついたブランドでも知られており、スポーティーなデザインのものが多い。

価格は5〜30万円程度。

 

 

 

 

 

エントリーNO.3 Grand Seiko(グランドセイコー)

 

 

日本において男性に非常に人気の高い時計ブランド、セイコーの高級ライン『グランドセイコー』。

 

マニュファクチュールと呼ばれるネジ一本一本にいたるまで外注をせず自社で作る製法をとる、日本を代表する時計ブランドだ。

高級感漂う重厚な輝きを放ちつつも、ベゼル部分(時計本体の周りの銀ぶちの部分)の細さが

スポーティーさも感じさせるバランスの良さが最大の持ち味。

 

また、非常に精度が高いことでも有名で、その精度の高さから海外の時計ファンが買っていくことも多い

世界に誇れるジャパンブランド。価格は25〜100万円程度。

 

 

 

 

 

エントリーNO.4 OMEGA(オメガ)

 

 

メンズに人気の時計ブランド『OMEGA(オメガ)』。

 

レジェンドブランドと呼んで差し支えないハイブランドですが

50万円以内の時計も存在するためラグジュアリーブランドのほうにも選出させてもらった。

 

アポロと月に行ったことで有名なOMEGAは、ロレックスと双璧を成すビジネスマンに支持されるブランドであり

2016年リオオリンピックの公式時計にも選ばれている。

2020年の東京オリンピックの公式時計にも選ばれ、堅実で静かな魅力を持っており

持ち主の品の良さが際立つブランドと言えよう。

 

 

 

 

 

エントリーNO.5 BREITLING(ブライトリング)

 

 

続いてのおすすめ時計ブランドは『BREITLING(ブライトリング)

 

豪華なデザインを好む男性に支持される時計ブランドです。

1884年にイギリスで生まれたブライトリングは、元々は英国空軍を始めたとした航空界を支援してきたブランドで

小栗旬さんがドラマで着用したことでも話題に。

 

航空界を支援してきたブライトリングの象徴といえる時計「ナビタイマー」は

世界初の航空計算尺のスケールが描かれた文字盤や視認性の高さが支持され

パイロット協会AOPAの公式時計に認定された名作だ。

価格20万〜高いものは80万円程まで。

 

 

 

 

 

エントリーNO.6 IWC

 

 

続いては「IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)

 

イギリス空軍に正式採用された航空時計をルーツとしている時計ブランドだ。

 

大型時計ながらシンプルなデザインでシーンを選ばず付けられる。

その上品でクラシカルな雰囲気に、魅了される人多し。

 

写真は、シンプルでクラシックな「ポルトギーゼ クロノグラフ」

大きな文字盤に余計な装飾を排除した視認性の高いモデルで、いくつになっても使える時代を選ばない一本。

価格は50万円程。

 

 

 

 

 

エントリーNO.7 PANERAI(パネライ)

 

 

 

最後はデカくて分厚い時計の代名詞といえる『PANERAI(パネライ)

 

元々は戦場に身を置く兵士のために作られたため、生死がかかった極限化でも

「壊れず」一瞬で時間を把握できるように「見やすく」どんな状況でも

「正確に時を刻める」ことに重きを置いて作られている。

そのルーツと、無骨で質実剛健なデザインに男性ファンが多数いるブランド。

 

写真は、パネライのおすすめモデル、ルミノール マリーナ PAM00104

 

600種類以上あるパネライモデルでもトップクラスの人気を誇り

有名人では、プロ野球選手の金本知憲さんや、芸人の後藤輝基さんが愛用している。

 

600種類以上あるバリエーションの多さも有名なため、自分の納得いく一本を探し求められてはいかがだろうか。

 

パネライの価格帯は40万円〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の一本に出会うまでの楽しさ

 

 

10万円~50万円の価格帯、ラグジュアリーブランドの腕時計はローンで買う人も普通にいる。

 

例え、一括で買えるほどの余裕がない価格でも、“一生の相棒”に出会ってしまったら

腕に纏わせずにはいられないのだろう。

 

何にしようか、と悩んでいる時間は最高であり

一生に一本。と言える価格の腕時計ともなれば

人生の伴侶を選ぶような気持にもなるのではないだろうか。

 

腕時計は常に身に付けるものであり

自分の腕で、常に時間を、寿命を刻んでくれるものである。

 

皆さんが、自分にとっての最高の一本を見つけられるように願っている。

【1万円〜10万円】リーズナブルな腕時計の定番ブランド7選

 

男の腕を彩る時計を付けよう

 

男の夢と称されることも多い「腕時計」。

 

時計は、付ける人の価値観や品格、度量の大きさ、収入、美的センスが色濃く反映されるアイテム。

リーズナブルな時計を選んでカジュアルにライフスタイルを楽しむも良し

一流の時計を選んで一流へと向かうことを選ぶも良しだ。

高額なものが多いため、男性にとって人生のお買い物の一大イベントのひとつ。

 

どうせなら、納得できる時計を選びたい、そんな貴方のために

今回は、リーズナブルな腕時計でメンズにおすすめな人気時計ブランドを紹介していきたい。

 

時計と言えば、「高級」というイメージはあるが、今回紹介していく時計ブランドは比較的手の出しやすい価格でありながら

身に付けたときの高級感はしっかりとあって、あなたをデキる男に仕上げてくれるアイテムばかりだ。

 

気になったものがあったら、是非購入を検討してみてほしい。

 

 

 

 

 

エントリーNO.1 SEIKO(セイコー)

 

 

メンズに人気の時計ブランド「SEIKO(セイコー)」。

 

1964年の東京オリンピックで公式時計に選ばれた高精度・高機能な時計ブランド。

ちなみに、スイスブランド以外でオリンピックに選ばれたのは日本のセイコーのみ。

正しい時を多くの人に広める」ことを追求する日本が世界に誇るブランドで

SEIKOには高価なブランドや手の届きやすいブランドなど様々な価格帯のブランドがあるが

今回は、1〜10万の価格帯として紹介させて頂いた。

 

写真は、セイコーの中でも知的好奇心の旺盛な男性に向けて

「時計としての心地よさ」を追求したブランド『セイコー ブライツ』

2017年6月発売モデル。価格は10万円。

 

 

 

 

 

エントリーNO.2 RENAUTUS (ルノータス)

 

 

様々な腕時計ブランドがある中で、自分だけの腕時計を作れる『ルノータス』。

 

時計好きなら誰しもこだわりをもった自分好みの腕時計を作ってみたいと思うもの。

デザインはもちろんのこと、中身の仕組みまでこだわる腕時計が作れる。

 

多くのセミオーダー腕時計はベルトのカラーなどが選べるのが一般的だが

ルノータスでは、ケースの防水やカラー、タイプが選べて

加えて文字盤の数字の種類、時針分針・秒針まで自分好みに変えられる。

 

価格帯も18,000円〜50,000円と手に届く範囲で作成でき

世界に一つ、自分だけのオリジナル腕時計を手にできる。

 

 

 

 

 

エントリーNO.3 CITIZEN(シチズン)

 

 

 

市民のための時計を作るとの思いを込めて創業された日本ブランド「CITIZEN(シチズン)」。

 

1930年の創業より一貫して使い勝手に優れた時計を作り続けており、多くの日本人に親しまれています。

次々と新しいテクノロジーを会社に取り込むブランドとしても知られており

手の届きやすい価格帯とは思えない高機能な時計のコストパフォーマンスは圧巻だ。

 

写真は、世界中で使えるグローバル時計「シチズン CB0011-69E」。

日本、中国、アメリカ、ヨーロッパの電波を受信できる時計。価格は50,000円。

 

 

 

 

 

エントリーNO.4 Apple Watch(アップル ウォッチ)

 

 

新興勢力ながら今トレンド好きなメンズに爆発的な人気を誇る時計Apple Watch(アップルウォッチ)

 

Appleより発売された腕時計型のウェアラブルデバイスは既存の時計とは全く違う価値を貴方に与えてくれる。

 

AppleWatchには、軽い「アルミ製」と高級感のある「ステンレス製」、純金を使った高価な「18K」の3種類がある。

 

私のおすすめはステンレス製。価格も8万円程度と手頃で、ビジネスでも使える汎用性の高さが魅力だからだ。

 

話題性が高く、相手にテクノロジーに強い印象を与えてくれるアップルウォッチを

一度、身につけてみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

 

エントリーNO.5 カシオ「G-SHOCK(ジーショック)」

 

 

カシオが1983年に発表した元祖タフウォッチ『G-SHOCK(ジーショック)』は

1980年初頭、時計の脆弱性が目立った当時に「落としても壊れない時計をつくりたい」という開発者の思いからスタートしたそう。

 

耐久実験を繰り返しリリースされたG-SHOCKは

アメリカのメディアで報道されたことを皮切りに全世界に一大ブームを巻き起こした。

 

価格帯もお手頃なものからリッチなものまで様々存在していて自分にあった一品を見つけやすい。

プライベートシーンでガシガシ使うにもってこいの時計だ。

 

ブラックをベースに迷彩柄を文字盤に取り入れたファッション性の高い時計「ジーショック GA-100CF-1A9JF」

価格は1万円程度。

 

 

 

 

 

エントリーNO.6 SWATCH(スウォッチ)

 

 

手頃なファッションウォッチの先駆者『SWATCH(スウォッチ)』は

プラスチックで作られることの多い安価でファッショナブルなコレクションを多く有している。

 

またアーティストとコラボした限定製品も多く、熱心なコレクターの多いブランドで

休日のセカンドウォッチにおすすめできる時計だろう。価格は5,000円〜2万円程度。

 

写真は、SWATCHらしい遊び心たっぷりのデザインの時計で

内装の見えるスケルトンの剥き出し感がなんともカッコいい。

 

 

 

 

 

エントリーNO.7 TIMEX(タイメックス)

 

 

アメリカNo.1のシェアを持つコスパ最強の時計ブランド「TIMEX(タイメックス)

 

1800年代末にわずか1ドルで買える「ダラーウォッチ」を発売したことをきっかけに

アメリカの労働者階級層に爆発的に普及し、米国No.1シェアブランドまで発展。

 

カリフォルニアをイメージしたマルチカラーのバンドに

使い勝手のいいシルバーのケース。休日のデニムスタイルにぴったりで

今では世界の3人に1人がタイメックスの時計を持っているとまで言われている。

価格は5,000円〜2万円程度。

 

 

 

 

 

男性が時計にかける予算・価格相場は?

 

男性が時計にかける予算の相場は時計好きか否かによって価値観は大きく変わるものだが

手取り年収の3〜30%が一般的な予算と言われている。

 

時計好きの男性の中には、年収の30%程度の時計を分割払いで購入する人もいるが

具体的な水準でいうと、大学生(18歳、19歳、20歳、21歳、22歳)の世代では1〜5万円程度の時計

若手ビジネスパーソン(23歳、24歳、25歳、26歳、27歳)は5〜30万円の時計を選ぶことが多く

28歳以上の仕事も落ち着いてきたビジネスマンはボーナスも含めた給与も増えるため

価値観によって選ぶ時計は大きく変わってくるそうだ。

 

リーズナブルなメンズ人気時計と称して、紹介した今回の記事を通して、時計に興味を持ってくれる人が増えてくれたらと思う。

 

一流の男を演出する高級腕時計10選

 

高級腕時計は、一流の男を演出するマストアイテムのひとつ。

 

「腕時計なんかに何十万・何百万かけるとか意味がわからない!」という方もいるだろう。

しかし、至高の一本を身につけるために何千万かける人がいるのもまた事実。

世の中には「一生に一度は付けてみたい。」と心の底から魅了される、一流の証たる時計ブランドが存在している。

 

腕に光るその輝きは、周囲を魅了し、あなたの存在価値をグッと引き上げ

男力(おとこりょく)を限界まで高めてくれるだろう。

 

回は、そんな一流の時計ブランドの中から、珠玉の10種を紹介しよう。

 

 

 

 

 

エントリーNO.1 RICHARD MILLE (リシャール・ミル)

『オートマティック フライバック クロノグラフ RM011 フェリッペ・マッサRM001』

 

F1レーサーなどを中心に多くの一流スポーツ選手を魅了するリシャール・ミル。

人類の努力の結晶が作りだした最先端技術が、一つひとつの時計の細部に魂を宿らせている。

見た目の重厚感からは想像できない、圧倒的な軽量感が魅力で

テニスのトッププロ選手の一人、のナダルもリシャールを着用したままテニスをプレイしているから驚き。

一度見たら忘れられない、特徴的なスポーツウォッチを貴方の腕に。

 

 

 

 

エントリーNO.2 PATEK PHILIPPE (パティック・フィリップ)

『ノーチラス クロノグラフ』

 

世界三大高級時計と言われる、世界の時計界を統べる存在として名高い3つのブランドの中でも

その頂点に君臨するパテックは男の人生のパートナーとして、一生をかけて持ち主を支えるであろう一本だ。

最高の権威として、時計界のみならずブランドの頂点にして唯一の存在であるパティック・フィリップは

選ばれし者がその腕につける事を許される、一生で一本だけでも持ちたい代物中の代物。

 

 

 

 

エントリーNO.3 BREGUET (ブレゲ)

『クラシック 5140BB/29/9W6』

 

まさにウェディングドレスのような純白な文字盤が、ブレゲの美しさを物語っており

シンプルでありながら、腕時計の魅力のすべてが詰め込まれているデザイン。

クラシックの名を持つだけに、男としてのシンプルなカッコよさが凝縮されている高級腕時計と言えるだろう。

針の先端側にある丸い飾りが特徴的なブレゲ針の色にもこだわった、世界を代表する腕時計の一つだ。

 

 

 

 

エントリーNO.4 A. LANGE & SOHNE (A.ランゲ・アンド・ゾーネ)

『グランドランゲ1 ムーンフェイズ LS1394AA.139.032』

 

全人類が憧れるA.ランゲ・アンド・ゾーネ。

ステータスを裏付ける芸術的なセンスと、最新の技術力がバランス良く融合しており

この一本を腕に纏うだけで、どんな人間も一流に仕立て上げると言われる程のヴィジュアルと、センス。

洗練された高級腕時計には、まさに非の打ち所なし。

シンプルの中にある貫禄をヒシヒシと感じる、至高の一作だ。

 

 

 

 

エントリーNO.5 AUDEMARS PIGUET (オーデマ・ピゲ)

『ロイヤル オーク オーク オフショア ダイバー 15703ST.OO.A002CA.01』

 

オーデマ・ピゲは、男のこだわりをそのまま形にしたブランドと言えるだろう

ハイセンスなデザインは、付けるものの格を上げてくれる一品。

一流の性能に一流の貫禄と、一流の芸術性、3つを兼ね備えた最高の存在であり世界を代表する一本。

この時計を付けた男こそ、頂点に近付いた男たる証と言えるのではないだろうか。

 

 

 

 

エントリーNO.6 Vacheron Constantin (ヴァシュロン・コンスタンタン)

『オーヴァーシーズ』

 

銀座に店舗展開をはじめた今話題のブランド、ヴァシュロン・コンスタンタン様。

世界三大高級時計の一つとして数えられるヴァシュロンは、強く神々しい時計展開が魅力的。

特に、オーヴァーシーズを含めたスポーツモデルは、極めてストイックで芸術的な視点も兼ね備えています。

ひと目で一流の貫禄を感じさせる圧倒的な存在感は、付けるものの器を表すには十分でしょう。

 

 

 

 

エントリーNO.7 ROLEX (ロレックス)

『コスモグラフ デイトナ 116506』

 

時計の王様ロレックスの中でも大王的な存在のデイトナは

決して派手ではない、シンプルなデザインながら、時計界の象徴的存在として忽然と輝く高級腕時計。

本物の時計が秘める雰囲気は、つける人の人生を踊らせ、ダイヤルがアイスブルーに輝く

こちらのモデルは、まるで宝石を纏っているかのように腕元を華やかにしてくれるだろう。

 

 

 

 

エントリーNO.8 HARRY WINSTON (ハリー・ウィンストン)

『オーシャンクロノ』

 

ラグジュアリーブランドとして名高い『ハリー・ウィンストン』。

宝石の王様としてブランド界に圧倒的な存在感を示し、付ける人を誘う魔法の時計を揃えている。

宝飾時計ハリー・ウィンストンを付ける者はまさに王様。

一流の証たるダイヤモンドの時計が貴方の腕に輝くことだろう。

 

 

 

 

エントリーNO.9 Chopard (ショパール)

『RWH Miglia Mother of Pearl White Rubber』

 

「ダイヤモンドの輝きこそ、この世の絶対的な価値である。」と言わんばかりに輝く高級腕時計。

いや、宝石と呼ぶのが相応しいかもしれません。

持つ人を別次元の存在として、究極の存在へと向かい入れるダイヤ時計で

一生に一度は、ダイヤモンドの輝きに埋もれた一日を過ごしてみたいですよね。

 

 

 

エントリーNO.10 FRANCK MULLER (フランク・ミュラー)

『ロングアイランド クレイジー アワーズ』

 

「時間は人が作ったものだ、いつ何をしても良いのだ」という革新的な考え方で

全く新しい文字盤での腕時計を実現したフランク・ミュラーのクレイジーアワーズ。

変則的に並ぶ芸術的な文字盤は、まさに最高水準の技術の裏付け。

不規則な動きを刻みながらも、正確に時刻を示してくれ、縛られない

自由な生き方を実現したい!という思いが形になった高級腕時計に仕上がっている。

 

 

 

 

 

 

 

本物の男は「本物の腕時計」を付けている。

今回の記事では、世界を代表する高級腕時計の中でも、本物の男が付けるべきブランドをご紹介しました。

時間を刻む貴重なアイテム、それはまさに人生刻み、それはまさしく、自分の生きた証

だからこそ、自分にとっての最高の一本をつけたいところ。

ここに紹介した時計を含め、世界の一流メーカーによる一流の時計は

ひとたび身につければ、貴方に一流の風格を与えてくれることだろう。

男としての人生を、思う存分楽しもう!

プライバシーポリシー

個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

広告配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用する場合がございます。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。
記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。