気になるスマホ情報比較サイト

 

 

 

最近ではスマートフォンは私たちの生活に欠かせないものになってます。

そもそもスマートフォンとは2000年代後半までに普及していた従来型の携帯電話(ガラケー)と比べて、よりスマートでよりPCに近いものをスマートフォンと言います。

 

このサイトではみなさんが気になるスマホ関連情報をピックアップしてご紹介いたします。

 

 

ソフトバンクユーザー様必見!!!

 

オンラインショップで人気のスマホをランキングでご紹介♪

何を買おうか頭を悩ませているそこのあなた!

人気のスマホを秘密をわかりやすくご紹介しておりますので

是非チェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

誰もが使うカメラの性能を比較!!!

 

スマホをお持ちの方なら誰もが使うカメラ機能。

特によく使う方ならもっといい画質を!もっといい機能を知りたいはず!

そんな方のために、スマホのカメラ性能を詳しくご紹介しております♪

カメラにこだわりのある方は是非チェックしてくださいね!

 

 

 

スマホといえばやっぱりアプリ!!!

 

最近ではいろんなアプリが多すぎてよくわからないですよね。

今回はカメラアプリで特におすすめなものをご紹介します。

なにかいいアプリがないかな・・・なんて悩まれてる方は必見ですよ♪

 

 

 

安心の国産スマホを徹底比較!!!

 

日常生活には欠かせないスマホですが、それに伴い格安スマホが多く参入してきたため選ぶのにかなり迷ってしまいますよね。

でもやっぱり安心なのは日本メーカーではないでしょうか。

国産だと高いイメージがありますが、近年ではリーズナブルなスマホも販売されてきているので

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪

国産スマホメーカー比較

 

やっぱり日本製が安心!日本メーカーがいい!

 

今ではなくてはならないものというほど日常生活に浸透しているスマホ。
その中でも、ここ近年でだんだんと増加する格安スマホ。
どの端末もそれぞれの良さがあり、選ぶのに迷ってしまいますよね。

 

その格安スマホの中でもやはり日本人に人気があるのは、
日本人の好みを徹底して追求している日本製のスマホではないでしょうか。

 

ただ、国産スマホは他と比べて少し高いようなイメージがあります。
しかしここ近年ではリーズナブルでハイスペックなスマホが続々と販売しております。

 

今回は富士通・SHARP・VAIOから発売されているスマホをそれぞれ紹介していきたいと思います。

 

 

では、さっそく三社徹底比較!!

 

 

 

富士通”arrows”シリーズ

 

 

 

防水・防塵対応が万全で丈夫なスマホ

 

富士通arrowsシリーズは、防水・防塵対応のうえ丈夫なスマホです。
耐久性をはじめとした様々な衝撃に耐えられるように作られています。

 

防水性能はIPX5/IPX8あり、防塵機能はIP5X〜IP6Xです。

 

2017年12月8日に発売された富士通arrows NX F-01Kでは、「割れないスマホ」と謳っており、
従来の富士通arrowsシリーズよりも丈夫かつ頑丈に作られました。

 

2017年7月20日に発売されたarrows M04と、同年10月27日に発売されたarrows M04 PREMIUMは
石鹸で洗っても壊れにくいのが特徴。

 

 

優れた防水・防塵機能のあるarrowsシリーズはアウトドアが好きな方にピッタリのスマホとなるでしょう。

 

 

アウトドアでスマホを汚してしまっても、石鹸で洗えるため清潔さを保つことができます。

スマホでレシピを確認しながら料理する方にも便利なスマホですね。

 

 

 

 

生活をもっと便利に!おサイフケータイが充実

 

富士通arrowsシリーズは、日本国内で利用できるおサイフケータイが搭載されています。

普段からおサイフケータイを使用している方には、
arrowsシリーズはとても生活に便利なスマホとなってくれるでしょう。

 

 

 

arrowsシリーズは、国内生産されたスマホなので、外国製のスマホにはない機能が搭載されています。

サポート体制も安心して利用できるのは嬉しいポイントですね。

 

 

 

 

SHARP:液晶技術の高さが安定の”AQUOS”シリーズ

 

 

 

 

SHARPならではの高画質、そして電池の持ちの良さ

 

AQUOSphoneはなんといっても最先端の液晶技術と絶賛されたSHARPから販売されているので、
画質がとても安定しています。

 

スマホで液晶の素晴らしさといえばSHARPというのは、今も変わらず健在です。

 

「液晶アイドリングストップ機構」によってムダな電力消費・液晶駆動を抑え、
鮮やかな表示と省エネ運用を両立しています。

 

 

 

防水・防塵対応

 

AQUOSphoneは防水・防塵対応されているので、入浴中に動画をみたり、
キッチンでもレシピを見ながら料理したりと積極的に使えそうですね。

 

最近では防水・防塵機能を両方備えているスマホは当たり前になってきていますが、
実はその先駆けはAQUOSシリーズなのです。

丈夫なスマホが欲しいという方には、AQUOSシリーズも1つの選択かもしれません。

 

 

おサイフケータイ、赤外線などの、ガラケー機能も使用できる

 

ガラケーがなかなか卒業できない中の1つで、ガラケー機能が使えなくなるからという方も少なくないと思います。
AQUOSスマホではガラケー機能も使えるのが嬉しいメリットです。

 

 

AQUOSスマホは見た目の選択肢がとても豊富です。
色やライトのデザインや、流行や斬新さを重視したデザインを心がけているので、選択肢の幅が広がり、
きっとお気に入りのマイスマホを見つけることが出来ます。

 

 

VAIO:ついにVAIOがAndroidスマホに!

 

 

 

VAIOならではの高い品質

国内生産のVAIOはやはり、品質管理における高い品質と信頼性には定評があります。

 

これは個人的な意見になりますが、VAIOはいずれiPhoneを追従する巨大ブランドになるかもしれません。
これからもっと進化を続けていきそうなのがこのVAIOから出てるスマホです。

 

バイオ本体は5〜7万程度という噂もあります。
その金額から推定するとミドルクラスの能力を備えたスマートフォンになるのかも知れません。

 

まだまだ謎だらけの製品ですが、いずれ国産スマホの代表的存在になるかもしれません。

 

 

最後に・・・

今やiPhoneのヘビーユーザーが多い世の中ですが、
国産ならではのワンセグ、おサイフケータイなど高い品質や液晶を備えている機種など、
初めての人からスマホを使いこなしたい上級者にもぴったりの端末が揃っていました。

やはり日本製品というのが魅力ですね。
愛用者も続々と増えてきています。

ぜひスマホ選びの参考にしてみてください。

写真・動画系おすすめアプリ紹介

スマートフォンは誰もが持つ魔法の箱。

ただの電話として使っている人のほうが少ないのではないでしょうか?

スマホゲームはいろいろありますし、音楽を聴くのも、動画をみるのも…

画像編集や動画編集までスマホがあれば何でもできてしまいます。

 

 

 

今回はスマートフォンに入れるべき人気カメラアプリについての紹介です。

女性向けのアプリを中心に紹介しますが、年齢性別関係なくお役立ちのアプリもありますので、ぜひ試してみてください!

 

 

写真や動画ならこれ!

 

SNOW

 

今やカメラアプリの鉄板となったSNOW。

若い女性を中心に人気が爆発し、今や多くの人が利用しているカメラアプリ。

読み方は「スノー」、顔認識スタンプで自撮りや記念撮影にお役立ち。

無料で使えるスタンプも数多く、毎日のように更新されているので無課金でも楽しめるのがポイントです。

 

フィルターを使って、面白おかしくできるだけじゃなく、目を大きく顎を小さくなどできるので、盛れるアプリとしても便利ですね。

あまりガチではなく、ゆる盛り系アプリとしてつかえます。

あとは宇宙人フィルターは見た目がやばいのでお勧めです。

 

 

BeautyPlus

 

盛り系カメラアプリで新定番といえば「BeautyPlus」。

なにができるかといえば顔を補正しまくることができる超盛。

これはもうテラ盛といっても過言ではない機能が盛りだくさん。

わかりやすく言えば、最新のプリクラ並み、いやそれ以上の盛りっぷりです。

 

全世界で1億人以上の利用者がいるというこのアプリ。

何がすごいかといえば、画像の編集が簡単にできるという点。

ぼかしやシャープさ、光補正は当然として美顔補正の種類が圧倒的。

 

美顔補正内容

肌磨き:肌の肌目を整える

肌色:肌の色の調整

ニキビ隠し:ニキビ箇所をタップで消去

しわ消し:【こちらは有料】顔面をなぞってシワの除去

顔体痩せ:顔の輪郭や身体の線を修正

輪郭:顔の輪郭調整

増高:(全身部分が映っている場合)足の部分に設定して脚を長く見せる

目を大きく:目の大きさ調整

細い鼻:鼻の細さ調整

明るく:目をタップして明るくする

クマを薄く:クマ部分をなぞってクマの除去

美歯:歯の部分を検知してホワイトニングする

 

多すぎる。

欲しい補正がすべて詰まったアプリ。

さらにはフィルターの数も多いのでその時々に合わせて切ない雰囲気やHAPPY感も出し放題です。

 

 

ニキビも簡単に修正できるので、若い人にとってはすごくうれしいですね。

 

Foodie

 

スマホを使って何を撮影するか?友人や自撮りなどに加えて

食べ物を撮影する人も多いはず。

美味しいものを食べると幸せになりますし、できるならSNSでHAPPY感を伝えたいという人も多いのではないでしょうか?

しかし、食べ物の撮影って意外と難しくて光の加減や角度を考えなければおいしそうに見えない写真になってしまったり…

 

そんな人だけでなく、すべての人のおすすめなのが「Foodie」。

このアプリさえ入れてしまえば、おいしそうな写真を量産可能。

なんなら、おいしくなさそうなものもおいしそうに見せることができる魔法のアプリ

 

 

ただのうどんもこの通り。

フィルターがいろいろあり、食べ物や雰囲気にあったものを選ぶだけで

グッと魅力的に見せることができるこのアプリですが、フィルター名がもうおいしい。

おいしくのフィルターはおいしそうに見える加工が5種類あり

おいしく1、おいしく2など非常にわかりやすいですね。

 

お肉を美味しく見せる、スィーツをより甘く見せるだけでなく

なんとなくロマンティックな雰囲気を感じさせるフィルターもあったりします。

なんとなく入ったラーメン屋さんもfoodieを使えば素敵な一幕に早変わりです。

 

 

 

**************************

 

 

 

 

 

簡単にではありますが、おすすめのカメラアプリを3つ紹介しました。

このほかにもカメラアプリはいろいろありますし、使い勝手も千差万別。

人それぞれに使いやすいアプリがあるかと思います。

また、同じアプリだとインスタやfacebookにアップする画像も

似たようなものが多くなってしまって埋もれてしまうなんてこともあるので、

使用者の少ない特徴的なカメラアプリを探してみるのも面白いかもしれません。

 

ただ、使用者が少ない=いまいち使いにくいということでもあります。

まずは人気アプリを試し、もっとイメージに近いアプリを探していくというのが

カメラアプリ探しの基本となります。

 

 

番外編 ヤバイアプリ

 

ゾンビブース

 

 

カメラアプリをいろいろ探していると、漫画調や変身系などいろいろなイロモノアプリがあったりしますが、その中でも特にヤバイのが「ゾンビブース」。

なにがやばいってクオリティが高すぎてまじでゾンビ

クオリティ低めのカメラアプリって結構あるんですが、ゾンビブースはイロモノ系の中では圧倒的にクオリティが高く、本気のゾンビ化が可能です。

 

自分をゾンビにして友人に送り付けるもよし、

好きなあの子やあの人をゾンビにしたり、嫌いなあいつをゾンビ化も簡単にできてしまいます。

ただ、加工するたびにウィルスポイントを消費し、

補充の方法はほかのアプリをダウンロードするか課金しかないので

無料で無制限に遊ぶというのはできませんが、ちょっとした暇つぶしには最適のおすすめアプリです。

 

 

ソフトバンク人気スマホ機種ランキング【2018】

 

 

ソフトバンクオンラインショップで人気のスマホ機種を比較し、ランキングにまとめてみました!!!

何を買おうか悩んでいる方は、是非是非参考にしてみてください♪

 

 

1位:iPhone 8 plus

 

 

 

iPhone 8か、それともiPhone 8 plusにしようかと悩んでいる場合は

画面のサイズで選んでも良いと思います。

 

 

▼ 画面サイズの比較 ▼

*iPhone 8…4.7インチ
*iPhone 8 plus…5.5インチ

 

 

【ではなぜiPhone 8ではなくiPhone 8 plusなのか?】

 

▼iPhone 8とiPhone 8 Plusとの比較▼

iPhone 8 iPhone 8 Plus
メモリー(RAM) GB 3GB
カメラ  シングルレンズ デュアルレンズ
バッテリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラに関しましては、iPhone 8 plusはデュアルレンズが搭載されており

iPhone 8よりも更に高性能な物ものになっています!!!

バッテリーの持ちもiPhone 8と比べてみると、iPhone 8 plusの方が長持ちするようになっています。

しかし、iPhone 8とiPhone 8 Plusはどちらも高性能ですし、デザインもほとんど変わりません。

なので普段使用する上で影響の大きい「画面のサイズ」で選んでも良いと思います。

 

 

▼ メリット ▼
画面サイズが5.5インチの大画面
デュアルカメラ搭載と高性能
メモリー(RAM)が3GB
バッテリーがiPhone 8と比べて長持ち

 

 

▼ デメリット ▼
片手だと持ちにくい
価格がiPhone 8よりも高い

—————————————————————————————————————————————————————————

2位:iPhone X

 

 

現時点で最も最新で高性能なiPhoneです。

iPhone 8・iPhone 8 Plusより更に高性能になっており、スペックにこだわる方

最新のiPhoneを持ちたい方などにおすすめです♪

iPhone Xの特徴はiPhone 8 Plusの5.5インチよりも更に大きい5.9インチの大画面です!!!

画面のサイズが大きいにも関わらず、本体のサイズはiPhone 8 Plusよりもコンパクトになっています。

 

 

 

ディスプレイにはiPhone初の有機ELというものを採用しており

画面の美しさはiPhone 8・iPhone 8 Plusを遥かに上回っています。

カメラに関しましてはiPhone 8 Plusと同じデュアルカメラ搭載ですが

プラスで「デュアル光学式手振れ補正機能」が加わったのでポートレート撮影も進化しています。

一方で、バッテリーの持ちはiPhone 8 Plusと比べると少し短くなっています。
iPhoneで初めて搭載されました「顔認証機能」は少し不評なのも心配です・・・

 

 

 

Appleの最先端技術が詰め込まれている最新機種の為、端末代金は少々高くはなっていますが

マニアには外せない機種です。

 

 

▼ メリット ▼

Appleの最先端技術が集結されている
5.9インチの大画面
本体のサイズがコンパクト
有機ELを採用した史上最高に美しい画面
デュアル光学式手振れ補正機能の追加

 

 

▼ デメリット ▼

iPhone 8 Plusよりもバッテリーの持ちが少し短い
端末代金がかなり高い

 

—————————————————————————————————————————————————————————

3位:Xperia XZs

 

 

 

SONYからは既に後継機の「Xperia XZ1」も発売されていますが、こちらの「Xperia XZs」

は高性能な割に価格が安いのでおすすめです♪

搭載されているCPUはSnapdragon820と超ハイスペック!!!

 

 

 

 

メモリーも4GBなので、複数のアプリを立ち上げて操作したり

高負荷のゲームも快適に動作してくれます。

液晶も美しく、更にオーディオにもこだわっているため

YouTubeや音楽をよく使用する方には非常におすすめです!!!

 

 

カメラの画素数に関しましてはイメージセンサーが搭載されているので

非常に美しい写真を撮影する事が出来ます!!

 

 

▼ カメラの画素数 ▼

アウトカメラ:1,920万画素
インカメラ :1,320万画素

 

 

また、国産メーカーなので、防水・おサイフケータイ・指紋認証等と多機能なのも嬉しい特徴です。

後継機の「Xperia XZ1」よりも若干スペックは落ちてしまいますが

普段使用する分には十分な性能のあるものです。「Xperia XZ1」より価格が非常に安いので良いです。

ただし、後継機が発売された為、終売が近いかもしれません。

狙っている方は是非是非お早めに購入する事をおすすめします。

 

 

▼ メリット ▼
Snapdragon820+4GBメモリー
イメージセンサー搭載でカメラが高性能
防水・おサイフケータイ・指紋認証等と多機能
端末代金が安い

 

 

▼ デメリット ▼
後継機の「Xperia XZ1」が発売している
終売が早い恐れがある

 

—————————————————————————————————————————————————————————

4位:iPhone 8

 

 

iPhone 8 Plusの中でも説明させて頂きましたが、シンプルに画面のサイズで選んでも良いと思います。

 

 

▼ 画面サイズの比較 ▼
iPhone 8   :4.7インチ
iPhone 8 plus:5.5インチ

 

 

CPUやカメラ、バッテリーの持ちなども十分なスペックとなっております。
iPhone 8 からは、ワイヤレス充電機能という最新の機能が組み込まれました!!!
なので以前よりも充電が手軽で、とても簡単に出来るようになっています。

 

 

画面のサイズがiPhone 8 Plusと比べるとコンパクトなため

片手でも持ちやすいサイズとなっております。
本体のデザインも美しく、とても特徴があるのも魅力的なところの一つです。

何よりも、iPhone 8 PlusやiPhone Xと比べると端末代金が安い!!!
iPhoneにしたいけどコストは出来るだけ抑えたい・・・という方にピッタリな物です!!

 

 

▼ メリット ▼
iPhonee 8 Plus・iPhone Xにも劣らない機能性
端末代金がiPhonee 8 Plusと比べて安い
片手で持てるコンパクトなサイズ
本体のデザインが美しく、特徴的
手軽なワイヤレス充電機能の追加

 

 

▼ デメリット ▼
性能は他のiPhoneにわずかではあるが劣っている

 

 

—————————————————————————————————————————————————————————

 

5位:AQUOS R

 

 

 

SHARPのフラッグシップスマホのため

最先端のCPUやカメラが搭載されたハイスペックな機種です!!!

搭載CPUとは、現時点で最も高性能なSnapdragon 835で、メモリー(RAM)は4GB!

 

▼ カメラの画素数 ▼
アウト :2,260万画素
イン  :1,630万画素

 

と、ご満足頂けるようなスペックとなっています!!!

また、IGZO液晶を搭載したディスプレイは他のものと比較して非常に美しく

なおかつ省エネ性能が高いのも特徴的です。

他にも、国産メーカーの機種らしく防水・おサイフケータイ・ワンセグ等の多機能が搭載されています。

画面サイズの小さめな「AQUOS R compact」とどちらにするか悩むところですが

スペックにこだわる方はこちらの「AQUOS R」がおすすめです!!!

 

 

 

▼ メリット ▼
SHARPのフラッグシップスマホ
最先端CPUSnapdragon835搭載
カメラの画素数が満足のいくスペック
防水・おサイフケータイ等の便利な多機能搭載
MNPなら安く購入可能

 

 

 

▼ デメリット ▼
新規・機種変更の場合高い

 

 

 

 

以上、現在オンラインショップで販売中の人気・おすすめなスマホ機種を比較したランキングでした!!!
みなさん、いかがでしたでしょうか??

 

ソフトバンクのスマホの契約を検討中の方、本記事のランキングを参考に

是非是非自分にピッタリ合う、そんな一台を探し出してみてください!!!

 

 

ソフトバンクのスマホは店頭でも契約は出来ますが、

公式サイトでなら24時間、待ち時間なしでの申し込みが可能なのでおすすめです!!!

 

スマホのカメラ性能比較

 

 

 

 

スマホを購入する際、あなたは何をポイントに購入されますか??

 

みなさんそれぞれこだわりがあり、選ぶポイントは異なると思いますが

カメラの性能はやっぱり良い方がいいですよね♪

 

今回はスマホのカメラ性能をいろんな角度から比較してみました。

 

 

 

**************************

 

まずスマートフォンユーザーがよく撮影するシーンとして上位だったのは・・・

・人物

・風景

・料理・食べ物の写真

 

 

また、なかなかうまく撮影できないシーンで上位だったのは・・・・

・夜景

・逆光

 

 

最後にスマホカメラに求める機能で上位だったのは・・・・

・ズーム機能(ズームしても画像が荒くならない)

・暗い場所でもきれいに撮影できる機能

 

などがスマートフォンユーザーに求められています。

 

 

**************************

 

 

ではそんなスマホユーザーが求めるカメラ性能が高いスマホメーカーとは・・・

性能が高い3社をご紹介いたします。

 

◆ソニー(SONY)

 

なんといってもこれまで培ってきた技術やノウハウがスマホに反映されているのが魅力です。

またソニーのハイエンドモデルのスマホには高性能なカメラが搭載されており

「スーパースローモーションの撮影」やシャッターが遅れてもベストショットがとれる「先読み撮影」など便利な機能がたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

◆ファーウェイ(HUAWEI)

 

中国メーカーで特徴はハイエンドモデルに有名高級カメラメーカーである「ライカ」製のカメラが搭載されているところです。

また「HUAWEI P10 Plus」はダブルカメラを採用し、モノクロセンサーとRGBセンサーのイメージを融合して鮮明な写真を撮影することができます。

 

 

 

 

◆エイスース(ASUS)

 

台湾のスマホメーカーで日本ではノートパソコンを販売しているメーカーとしても有名です。

同社のスマホには、最大10倍のズーム機能や約0.03秒で被写体へフォーカスする機能が搭載されており

かなりクオリティの高い写真を撮影することができます。

またカメラの要所部分にはソニー製のセンサーを搭載するなど、他社の技術を取り入れているのもポイントです。

 

 

**************************

 

 

カメラ性能をチェックする上で、画素数はとても重要なポイント!

 

スマホのカメラ性能の見方として一番わかりやすい画素数をチェックしてみましょう。

 

スマホのスペック表示には「○○万画素」と書かれているのはみなさんチェックされてますか?

画素数は基本的に高ければ高いほど、キメ細かできれいな写真を撮影することができます。

特に写真の画質によりこだわりたい方は、2000万画素以上のカメラを搭載したスマホを購入するのがおすすめですよ。

 

 

◆まずはF値をチェック

 

F値とは・・・

レンズの絞り具合のことで、その絞り具合を調整することで背景のぼやけ具合やシャッター速度を自由にコントロールすることができます。

F値が小さいとレンズの絞りが大きくなり、背景がぼやけてシャッタースピードは早くなってしまいます。

反対にF値が大きいとレンズの絞りは小さくなり、背景はぼやけにくくシャッタースピードは遅くなります。

 

 

◆ISO感度のチェック

 

ISO感度とは・・・

光を捉える力のことで、暗い場所で撮影をする際に大変重要になります。

ISO感度が高ければ高いほど暗い場所でもハッキリと撮影が可能です。

なので花火大会や夜景など、暗い場所での写真をよく撮影される方はISO感度が高い機種をおすすめいたします。

 

 

**************************

 

 

カメラ性能がよいおすすめスマホモデルのご紹介

 

 

 

◆ソニー(SONY)Xperia XZ1

 

 

こちらのモデルは先読み撮影機能を搭載しており、カメラが被写体の動きや笑顔を検知すると、自動的に画像を一時保存してくれます。

この機能があれば撮影時に一時保存した画像から最大4枚までの写真を記録でき、シャッターのタイミングの遅れを補完します。

さらにスーパースローモーション撮影機能も搭載おり、1秒960コマのスーパースロー映像を撮影することができます。

また4K動画撮影に対応しており、高画質での撮影が可能です。

その他にも、カメラが自動的に画像を最適化してくれる「プレミアムおまかせオート」や、13段階でシャッタースピードを調整できる「マニュアルモード」など、カメラにこだわりたい方にとってもおすすめです。

 

 

◆ファーウェイ(HUAWEI)Mate 10 Pro

 

 

 

こちらのモデルは、AIプロセッサ「NPU」を搭載しており電力効率を50倍、パフォーマンスを25倍に高める飛躍的な技術で、常にユーザーに合わせた最適なパフォーマンスを保ち続けます。

約20分の充電で丸1日使える急速充電技術を採用しており、カメラ撮影などで電池の消費が激しい使い方にも対応してくれるのが嬉しいポイント。

またカメラ撮影時には、AIが画像データのキャッシュから被写体を識別してくれるので、背景ぼかし効果の範囲を適切に調整。

被写体に継ぎ目のないピントの合った写真を撮影することができます。

その他にも、防塵・防水性能を備えており、アウトドアでも安心して利用できるのでおすすめです。

 

 

◆エイスース(ASUS)ZenFone4 ZE554KL-BK64S6

 

 

 

 

こちらのモデルは、2400万個の焦点検出センサーを搭載したスマホで約0.03秒で被写体にフォーカスでき、動きのあるモノを撮影したい方におすすめです。

またメインカメラには、「Sony IMX362センサー」を採用。

一般的なスマホカメラの約5倍の光を取り込んで、薄暗い場所でも鮮明な撮影することができます。

セカンドカメラには120°の広角レンズを採用し、ワイド画面で撮影したい状況で効果を発揮します。

他にも、「Proモード」を選択すれば一眼レフカメラと同じように、シャッター速度、ホワイトバランス、露出など多くの設定を細かく調整可能ですよ。

 

 

 

◆モトローラ(Motorola)Moto G5S Plus PA6V0074JP

 

 

こちらのモデルは、1300万画素+1300万画素のデュアルリアカメラを採用しており、写真編集ソフトがインストールされています。

「背景だけをぼかす」「モノクロ写真に少しだけ色を加える」「背景を別のものに差し替える」などの高度な編集が可能です。

また付属の「TurboPowerチャージャー」を使うことで、15分の充電で最長6時間使用可能。

頻繁にカメラ機能を使用される方にも安心して使っていただけるのもおすすめです。

 

 

◆アップル(Apple)iPhone 8 Plus

 

 

 

こちらのモデルは、iPhone 8とは違い、デュアルカメラを搭載しており、サイズも5.5インチとiPhone 8よりひと回り大きく、フルHD解像度に対応しているのも特徴です。

iPhone 8 Plusからは、ポートレートライティング機能が追加され、これはスタジオ照明やステージ照明などのエフェクトをかけられる機能になります。

その他にも、光学ズームに対応するほか写真で10倍、ビデオで6倍のデジタルズームにも対応しております。

またケーブルを使用しないワイヤレス充電機能を採用しており、充電ステーションの上に置くだけで簡単に充電が開始されます。

 

 

◆オッポ(OPPO)R11s R11SCP

 

 

 

こちらのモデルは、2000万画素+1600万画素のデュアルカメラを採用しており、昼間撮影では逆光でも低照度でも被写体を際立たせる1600万画素カメラを使用し、夜間撮影では特別設計された2000万画素カメラを使用します。

インカメラには、「A.I.ビューティーモード」を搭載し、独自のアルゴリズムを使用して、200万種類の異なるビューティー効果から被写体にとって最適なモノを選んでくれる機能です。顔の輪郭を引き締めて立体感を強調したり、目を輝かせて自信がある表情に見せたりもできます。

その他にも、ロック解除のための顔認識機能や、わずか0.08秒でロックが解除できる優れた性能を備えているところもおすすめポイントです。

 

 

◆サムスン(Samsung)Galaxy Note8

 

 

こちらのモデルは、6.3インチの大画面でディスプレイには有機ELを採用しており、美しい黒が表現できるのが特徴です。

望遠・広角2つのデュアルカメラを搭載し、それぞれのカメラに光学手ブレ補正機能を備えていて、片手で撮影するときに力を発揮します。

また、被写体によった写真と背景まで入る広角な写真を同時に撮影できる「デュアルキャプチャ機能」を搭載。

その他にも、筆圧4096に対応したSペンが付属されてり、スマホをメモ代わりに使用したり画面キャプチャに書き込みしたりできるところもおすすめです。

 

 

**************************

 

最後に・・・・

スマホは一度購入すると数年間使い続けますよね。

長く使用する分、購入する際には他社製品とよく比較し、自分に合ったスマホをみつけてください。

今回はカメラ性能をメインでご紹介いたしましたが、スマホ本体の性能も高いので是非参考にしてみてくださいね。