スマホで写真を撮るときの便利アイテムはこれだ!

最近のスマホは、そのへんのカメラより高画質で写真が撮れるとこで知られていますよね!
実際にSNSへのアップや思い出としても、旅行先にカメラを持っていく人も減りました。

そこで、今回はスマホのガジェット紹介として、カメラ用のスタンドのおすすめを書いていきます!

購入を検討中の形は是非参考にしてくださいね!!

 

 

クネクネ三脚

三脚の部分に、無数の関節がついているイメージで、どんな傾斜やデコボコの道でも足をクネクネと固定して建てる事ができちゃう優れもの!

旅行先でスタンドを立てるときに、平らな地面を探さなくてもいいので、その場ですぐに写真がとれちゃうんです!

つかみの部分にはどんなサイズのスマホもキッチリを固定してくれるので、よくある安物のつかみの部分がゆるくガタガタしてしまう・・・なんて心配もありません。

かなりおすすめの商品です!

snoriginal mini三脚


驚くべきはそのコスト! なんと1000円代で買う事ができるのです。

値段だけではないこの商品は、驚きの安さにも関わらず三脚部分は伸縮可能設計!

それによって、縮めてコンパクトにすることが出来るので旅行やちょっとしたお出かけにも持っていきやすい点も魅力です。

viewing 卓上三脚

コンパクトさが売りの卓上用スタンドです。

三脚部分は小さく折りたたむことができて、折りたたんだ時は大きめのスマホとかわらないくらいのサイズ感で、コンパクト。

さらには折り畳みながらも足を取っ手としても使えるので、擬似的な自撮り棒のような使い方も出来ます!

WAIWAIGOODS


見るからに高級感のあるしっかりとした作りが特徴のスタンド。
見た目の通り、お値段はやや高めながら、それも納得と言える性能です。

足部分が4段階調節で高さを変える事が可能で、約35センチから1メートル近くまでと幅広い高さでスマホを固定する事ができるので、アウトドアにもってこいのスタンドといえます。

本格的な三脚を買う程ではないけど、それに近い性能が欲しいというときなんかには、おすすめです!

便利・おもしろスマホガジェットのおすすめ

スマホ用のガジェットも便利なものから面白いものまで、様々なガジェットが発売されていますが
今回は、私がおすすめするちょっと変わったおもしろガジェットをご紹介したいと思います。

こちら、iphone限定となりますので、androidの方はすみません・・・。
ではご紹介していきます。

 

3Dゴーグル

こちらはゴーグルの先にスマホ設置することができる専用の3Dゴーグルです。
3D対応の映像を流す事で、動画を3Dで楽しむことができます。
youtubeなどでも3D対応の動画は多く投稿されているので、飽きることなく楽しめるのではないでしょうか。

 

ミニプロジェクター

ミニプロジェクターというこの商品は、iPhoneを接続する事で、なんと壁に映像を投影することができるのです。

携帯性に優れるコンパクトなサイズなので、外出先や会社でのプレゼンにも使用できるかも?
自宅で壁に投影させて動画をみれば、なんちゃってホームシアターのように使う事も出来ますね。

家族全員で小さいスマホの画面を見る事はできませんが、これから小さいお子さんなどと一緒に壁に映った映像を楽しむことができます。

 

ヘリコプター

男ならみんな大好き、ラジコンヘリコプターです(笑)

これはiphoneが飛ぶワケではなく、ヘリコプター視点での映像をiphoneに送りリアルタイムでその映像が見えるというもの。

それをモニター替わりに、ラジコン操作でヘリを運転しましょう。

 

血圧計

コードレス接続で、どこでも手軽に血圧や心拍数を図る事ができるガジェットです。

連携している専用アプリをダウンロードすれば、測定した結果はすべて日付時刻と合わせて自動的に記録していってくれるのでとても便利です。

海外の製品の為、説明書などは全て英語表記になっていますが、そもそも説明書をじっくり読むほどの複雑な内容ではありませんのでご安心を。

 

 

いかがでしょうか。
iphoneには、この他にも便利・おもしろガジェットがたくさんありますので、興味のある方は色々探してみて下さいね。

スマホの自撮りをもっと便利に上手に!自撮り棒のおすすめと紹介

男性にとってはあまりなじみはないかもしれませんが、やっぱり女性たちにはいかにうまく、可愛く自分を撮れるか、ということで、インスタグラム、twitterなどのSNSが当たり前になった今、スマホカメラで自撮りをしたことがない若者はいないのではないでしょうか。

今や芸能人やアイドルなども毎日のように自撮り写真をSNSに投稿している。

 

今回は、そんな自撮りをもっと楽しく、もっと便利に行う事ができる自撮り棒(セルフィー)のおすすめをご紹介したいと思います!

 

viwing

 

小さく折りたたむ事ができ、コンパクトな状態で持ち運びが可能なこちらは、スマホだけでなくデジカメなどにも対応しています。
簡単シンプルな作りで、扱いやすいので誰でも気軽に自撮りを楽しめるでしょう。

ただ、ひとつだけ注意しなければならないのがBluetooth対応ではないので、セルフタイマー付きのアプリを
導入しておく必要があるということです。

 

 

Satechi

 

少し値段は上がりますが、自分撮り用で使いやすいのはやはり手元でシャッターがおせるタイプの自撮り棒かな、と思います。

比較的計量設計のこちらは、女性が片手で持っていても苦ではない重さなので、自分の好きな角度などをゆっくり探すことができるでしょう。

また、自撮り棒自体のデザインも高級感のある作りなのも人気の点。

充電式で、電池いらずなのも良いですね。

 

まとめ

自撮り棒を選ぶ上で一番に悩む点が、セルフタイマー式か、手元でシャッターが押せるか、というところになってくるかと思います。

当然ながら、後者のほうがお値段ははりますが、その分利便性はセルフの比じゃないでしょう。

ただ、はじめて自撮り棒を買われる方には、まずどんな感じなのかとか、単純な部分で安いセルフの方を買われるのも全然アリだと思います。

 

最後になりますが、自撮りを楽しんでいる皆さんは当然ご存じと思いますが、気を付けなければならないのは、周囲の人への配慮です。

それなりの長さの棒をもっている訳ですから、自撮り棒が他の人に当たったり、危なくないように配慮して撮影するべきですし
以前にトラブルが起きた施設などは、残念なことに自撮り棒の持ち込みを禁止しているところもあります。

そういった施設には当然持ち込めませんので、しっかり事前に確認しておきましょう。

スマホを持ちやすくしてくれるアクセサリーをご紹介!

スマホを長時間操作すると、持っている手や指、腕が痛くなってくることってありますよね。
スマホの持ち方は人それぞれなので、影響が出る箇所も様々あると思いますが

ひどい人だと、指の形状が変わってしまったりする人もいるみたいですので注意が必要です。

これは、「テキストサム損傷」と言われているそうなのですが、強い力で同じ体制や同じ状態で固定されていると手や指はその状態のまま固まってしまったり、骨などの形状が一部変化してしまうそうです。

単純にスマホを持っているだけでは当然そうはなりませんが、最近の大きいスマホ、手に収まりきらないサイズのスマホなんかを片手で長時間握っていると

知らず知らずのうちに落とさない様にと強く握っていることがあるみたいです。

 

そこで今回は、スマホを持ちやすくしてくれるストラップをご紹介したいと思います。
これを使えば、力を入れてスマホを握っておかなくても大丈夫なのです!

 

 

Palmo パルモ

机の上においても使用できるように改良されて作られたものがパルモです。

「グッドデザイン賞」にも選ばれたアイテムで、見た目のデザインだけではなくて、整形・形成外科などの医療関連との共同開発で作られています。

4つ角がシリコン素材で覆われているので、耐衝撃性も高いです。

 

BUNKER RING 3

持ち方を防ぐ基本的なグッズは、バンカーリングといって背面に輪っか上のアクセサリーを貼り付けます。

このリングは回転するようになっていて、リングに指をいれて持てるのでとても楽な体制でスマホを握っていられます。

ただ、机の上などにおいたときはグラついてしまうので注意が必要です。

 

 

SHC ハンドストラップ

他のカバーもつけたままで、指に負担がかからない持ち方を可能にするのがこの商品!

スマホに引っ掛けるようにして使うハンドストラップです。

一番の特徴は、手帳タイプのカバー以外のほとんどに対応していて、どんなカバーをしたままでも利用できるという事。

スマホカバーの影響で、この手のアイテムをつけたくてもつけられない、という人にとっても大変おすすめできます。

ちなみに、このシリーズはiPad等のタブレット端末用も販売されているので、スマホバンド以上にその効果を実感できる便利グッズです。

iPhoneの新サービス AppleMusicの導入と設定方法を解説!

 

AppleMusicはiosのバージョン8.4の実装と合わせてスタートした、Appleの音楽配信システムです。
今回はこのAppleMusicの導入方法や設定方法、使用方法を解説していきます。

<導入方法>

Apple Musicはios8.4のバージョンアップした時点で、自動的に既存のMusicアプリが切り替わるようになっています。

まずは、バージョンアップは以下の手順で行います。

設定⇒一般と進めて下さい。

ソフトウェアアップデートの項目に①とでていれば、バージョナップを行いましょう。

 

 

<初期設定>

実際のApple Musicの初期設定方法を解説していきます。

早速起動してみるとまずは3ヶ月無料で使用する事ができるので、「3ヶ月無料トライアルメンバーシップを開始」を選択しましょう。

 

処理が完了すると、初期設定画面に移ります。

Apple Musicはその人の好みに合わせてミュージシャンや音楽を提供してくれる事も大きな特徴です。
その個人の好みを知るために、「For You」の設定をしていきます。

まずは、ジャンル選びをしましょう。

やり方は簡単で、円形に表示されたジャンルで大好きなものは2回押して、そこそこなものは1回押す。
興味のないものは長押しで消していきます。

 

設定が終わったら右上の<次へ>を選択しましょう。
一からやり直したい場合はリセットを選択します。

 

続いて、先ほど選んだジャンルを基準に同じ要領で好きなアーティストを選んでいきましょう。

右下の<他のアーティスト>を選択する事で、違うアーティストに入れ替える事も可能です。
ここに並ぶアーティストはいわゆるApple Musicで選曲可能なアーティストで、かなり有名なアーティストも多数含まれていてとてもワクワクするはずです。

 

もろに筆者の好みですが、最終的にこんな感じに。
選択できるアーティストは3人までで、選択したアーティストの背景には写真付きになるオシャレ仕様です。

内容に問題なければ右上の「終了」を選択する事で初期設定は完了です。

 

 

<3ヶ月トライアル後の自動更新を解除>

特に設定をしなければ、無料期間終了後に自動的に課金がスタートしてしまいます。

ですので、実際に使ってみて使用感を確かめる間はいったん解除しておく事をおすすめします。

具体的な解除方法については、以下の手順で行います。

 

画面左上の顔マーク⇒Apple ID⇒管理⇒Apple Music メンバーシップ

自動更新の欄を確認し、オフにしましょう。

 

画面下部の「自動更新」のスライドをOFFにすれば、自動更新がされなくなります。
無料期間終了後に実際に課金が開始される日程も「更新オプション」部分で確認する事ができますね。

 

使い方

慣れると使いやすいAppleMusicですが、はじめのうちは「プレイリストはどこ?」など、迷いがちです。

次の記事ではそんなApple Musicの具体的な使い方について解説していきます。

ハンズフリー♡おしゃれなイヤリング型のイヤホン

 

 

 

 

移動中音楽を聴きながら行きたいけど、大きめのイヤリングも付けたい!

そんな女性の方必見です!!

見つけちゃいました!おしゃれなイヤリング型のイヤホン♡

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneとAndroidどちらにも対応しているので

イヤリングを身につけるだけで音楽やポットキャストを楽しめちゃいます♡

 

 

 

 

 

 

操作方法はとっても簡単♪

Bluetoothをスマートフォンに接続し、イヤリング部分を指で押すだけ!

 

 

 

 

 

 

現在、Indiegogoで出資者を募集しています!

 

 

 

 

 

【Peripherii Inc.】では世界各国へ発送しているので

日本からでも購入することができます♪

 

 

 

興味のある方は、早めにチェック♡

 

Instagram (peripherii)

 

Indiegogo  (Are they earrings or are they earphones? Yes!)

 

 

 

 

 

【シザーペン】このペン、ハサミです。【ペンとハサミが合体】

夢のコラボ!
ボールペンの中にハサミが内臓されているシザーペンが「MAKUAKE」で出資を募っている。
キャップをカチャッと外すと、そこにはハサミが・・・!
これはなんとも、カッコイイ商品ですね。
かばんの中に忍ばせておけば、とても役立ちそうです。

ちなみにこの商品

1本で3つの役割をする大人の文具
・ボールペン
・ハサミ
・アートナイフ

そうです!アートナイフにも付け替え可能なので幅広い用途に利用できそうです。

カバンの中にハサミとカッターとペンを入れると邪魔に感じると思いますが
シザーペンならスッキリと持ち運べてしまいます。

それにしてもこの商品、大人の文具好きにはたまらなくカッコイイ商品です。
知ってしまうとついつい欲しくなってしまいますね!

 

販売予定価格
1万1800円

MAKUAKEでは8280円から製品引き換え特典付きの出資を受付中。
目標金額30万円に対し、早くも倍額近い約57万円が集まっています(8月25日10時時点)。
クラウドファンディングは10月30日まで行われます。

 

セキュリティカメラ「WyzeCam」が人気な訳

 

 

留守中の家の安全を、どうやって守るか。
一人暮らしで自分の身をどうやって守っていくか。
何歳になっても、どこの国にも共通する問題ですね。
WyzeCamは、極めて安い初期投資で設置できる防犯カメラです。

米国で人気なセキュリティカメラ「WyzeCam」が人気の訳は、防犯カメラなのにとてもリーズナブルなお値段。
一家に最低1台の防犯カメラは当たり前のものになりつつあります。
そして今や、一人暮らしの女性の家には防犯カメラは必須ですね。
この買いやすいお値段が人気を呼び、販売サイトでは在庫不足が続きました。

「WyzeCam」が人気な訳

・10801pの解析度で常時室内を監視
・最大8倍デジタルズーム機能
・暗視機能
・価格20ドル(約2100円)
・スマートフォンでいつでも家の状況をチェックすることが可能。

動体検知とスマホアラート機能もついています!
これでスマホに通知がきて、いつでも家の中をスマホでチェックできる訳です。
瞬時にチェックし、不法侵入者がいたら動画を保存し、警察に突き出しちゃいましょう!

14日間保存してくれる無料のクラウドもあります。

 

そして、そんな大人気商品の「WyzeCam」がバージョンアップしました。
「WyzeCam v2」がプレオーダーを開始しました。

こちらも価格は20ドル。
新型イメージセンサーの搭載により暗視機能も向上しているようです。

一般家庭用の防犯カメラは、着実に普及しています。