『アドレス変えました』気まぐれな君

1: :2010/11/01(月) 02:35:09.02 ID:

知らないアドレスからメールが来た。

『アドレス変えました』

これだけの本文。

名前も書かれていない電子の文章。

僕「これは……誰からだろう?」

携帯片手に、首を傾げた夜だった。

6: :2010/11/01(月) 02:42:47.78 ID:

アドレスからは、男性か女性か判断が出来ない。

僕「……まあいいか」

連絡が来るんだから知っている人間なんだろう。

僕「明日の会社で聞けばいい……か」

携帯の電源を切って、そのまま眠りについた。

知らない人からのメール……ただそれだけだ。

7: :2010/11/01(月) 02:46:48.24 ID:

『……あ、僕ちゃん』

『よう僕。サッカーやろうぜ!』

ここは……小学校?

いや、何だか景色が違う。

緑のフェンスの向こうには、紅葉が舞っていて……そのフェンス寄りかかる形でサッカーゴールが置かれている。

僕「ああ、これは夢なんだ」

周りでは、小学校時代の友人が笑っている。

笑いながら……僕が合流するのを待っていた。

8: :2010/11/01(月) 02:49:38.36 ID:

ピピピピ ピピピピ ピピピピ

僕「……」

携帯電話からのアラーム音で、僕は気だるく目を覚ました。

僕「……昔の夢を見るなんて。懐かしいなあ」

地元を離れた今では、昔の友人に会う事はない。

ちょっとだけセンチメンタルになってしまった。

9: :2010/11/01(月) 02:53:09.95 ID:

僕「……っと、もうこんな時間か」

しかし数秒もすれば僕の頭は現実……電車に乗る時間に引き戻されて行く。

僕「じゃあ、いってきます」

誰もいない部屋に挨拶をして、僕は朝日の中を歩き出した。

見知らぬメールの事なんて、もう僕の頭の中にはなかった。

仕事していると気になってた子が偶然きたが、、、

 

 

1: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:25:40.47 ID:SfrOoNuP0
聞くかい?

2: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:26:08.47 ID:Qxxjk5xb0
きかない

 

6: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:28:34.14 ID:SfrOoNuP0
おいおいおっさんが泣いて頼んでるんだぜ?

 

5: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:28:23.31 ID:tOR4CauF0
スペック

 

8: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:31:38.77 ID:SfrOoNuP0
>>5
スペックはのちのち

朝までには終わるからゆっくり聞いてくれや

 

10: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:32:52.62 ID:SfrOoNuP0
俺今結婚式場で働いているんだ
まあ働くといってもちょっと違うくて
結婚式って式の様子とかをまとめたエンディングムービーが最後に流れるじゃん?俺それ作ってんのね
仕事内容っつうのは式中の撮影と、それの編集

もともと趣味の延長で大学生のころにバイトとして始めたんだけど、作ったものが実際に流れて
来た人が笑ったり、泣いたり、拍手してくれたりすんのがすげー気持ちよくってさ
そのままムービーを作る会社に雇われて、ずっとやってたんだ
かれこれはじめて10年以上はたつ

結婚式ってのはやっぱりいいもんで
幸せそうな新郎新婦をみるだけでまじでこっちまで幸せな気持ちになる
それを見てる人たちも祝福して、笑って、泣いて
皆いい顔してんだよ
ちなみに俺が一番好きなのは新婦のおやじさんが娘を送り出す時の顔
ぞくぞくするねwww

 

 

11: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:34:29.99 ID:SfrOoNuP0
そんなんが好きでずっとやってたんだ
俺はこの仕事が好きで、誇りをもってる

ただその仕事の性質上、土日が主だから友達と遊んだりすることもできない
そこがつらいっちゃあつらいんだけどね
だから案外俺の周りには未婚とか×がついてる人も多い
当然俺も未婚

そんでその日、いつものように結婚式場へ向かった

 

 

 

12: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:36:14.53 ID:SfrOoNuP0
式場はホテルの7階
そんでいつも俺が作業するのは非常階段と式場をつなげる物置のような10畳ぐらいの部屋
その一角に備え付けられた机とパイプイスに陣取って動画の取り込み、編集をするんだ
基本的にPCがあればそれでいいので場所に困ることはないけども、タバコが吸えないのが残念としか言いようがなかった

いろんな式場に赴いてやるんだけど現場ではプロデューサーみたいな人がいて、始めに打ち合わせを行う
その式場はよくいく場所で顔なじみも多く、プロデューサーも自分が駆け出しのころからお世話になっていた人だった

 

 

14: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:42:16.65 ID:SfrOoNuP0
俺「チっす」

プ「おおお疲れ~今日もよろしく」

俺「うっす。どっすか今日は」

プ「今日はやりやすいほうだと思うよww」

俺「まじっすか!ラッキーwww」

エンディングムービーは新郎新婦が決めた曲にあわせて一つの作品をつくる
だいたい4~5分。どう作るかは俺の自由

作りやすさの目安として
・曲のテンポ
・曲調が新郎新婦and会場の空気にあってる
・新郎新婦がいい顔をする
・出席者が多いorノリがいい

とかがあったりする。個人的意見なんだけどね

前あったすげーやりづらかった案件は、新郎新婦+親族(6人)で曲がゆずの「夏色」だったとき
曲結婚関係ないし少ないし盛り上がらないしできつかったねあれは

そんでその日の曲はドリカムの「未来予想図Ⅱ」
出席者も多いしノリもよさげとのことだった

 

16: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:43:49.20 ID:SfrOoNuP0
俺「新婦かわいいっすかwww?」

プ「かわええよwwww多分俺すきなんじゃない?」

俺「まじっすかwwたまんね~www」

プロデューサーは40間近の×1子持ちのいいおっさんで、よく飲みにつれていってもらったりしてる
なかなか偉いかたらしいのだが、気さくな人柄からみんなに慕われていて、ちょっとした軽口ぐらいなら許してくれる。そんないいおっさんだ

雑談をしてたら、開場の時間になった

プ「そんじゃ今日も幸せな家庭を築いていきますか~」

俺「自分は逃げられたのにっすか?www」

プ「うっせえwwwww」

そんな、いつもと変わらない現場で、いつもと変わらない仕事だった

 

 

15: 名も無き被検体774号+:2012/04/15(日) 00:43:16.02 ID:Qxxjk5xb0
>>1
なかなかターミネーターが出てこないんだが…

 

恋してはいけない人に恋をしてしまった、、、

 

 

 

従姉に恋をした。

信じられないほど心が痛い。
彼女に会ってから今日まで、一年一年、一日一日、その痛みは
蓄積されていき、今は極限だと思う。それはもう彼女との未来
など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
二ヶ月前のあの日に。

5年前、母が再婚した。嫁いで間もない冬のはじめ、嫁ぎ先の
お姑さんが亡くなった。その葬式の最中、彼女と初めて出会った。

彼女は母の再婚相手の姪っ子。歳は俺よりも2つ上。しかし小さ
な風貌のせいか幼く見え、またバタバタした葬式の最中でもあっ
たため、俺は紹介を受けていたにも関わらず彼女の年齢など頭に
なく、高校生だと思い込んでいた。

だから別段、彼女に意識を払
っていたわけでもなく、ましてや当時の俺には結婚を約束してい
た彼女もいたため、そのファースト・コンタクトはなんてことな
く終わった。

 

俺は母の連れ子ではない。今現在も離婚した父(今も健在)の戸籍に属している。
だから厳密に言えば彼女とは血のつながりどころか戸籍上も従姉
弟関係にあるわけではない。

「君さえよければ私や私の子供たち、そして
私の親戚たちのことを家族だと思ってほしい。でも重く考えないでね。気
を遣わなければならない人間などいないし、みんな君のことをすでに家族
だと思っているから」

母が嫁ぐ時、再婚相手の男性が俺に言ってくれた言
葉だ。俺は彼の一言がすごく嬉しかった。俺が育った家庭環境は親戚付き
合いなど希薄だった。父も母も親類縁者と付き合うことを避けて生きてい
る人間だったから。

だから彼の子供たち(一男一女)や親戚の人たち(彼
は6人兄妹だったから一族の数はものすごく多い)がいっぺんに自分の家
族になったことが嬉しくてしようがなかった。そして事実、彼の言ったと
おりみんなあったかい人たちだった。

 

 

俺はなんの衒も抵抗もなく、彼のことを「お父さん」と呼んだ。お父さん
の育った家庭環境も複雑だった。お父さんの姓は「太田」だったが、親戚
の人たちは「田中」姓だった。それは田中の6人兄妹のうち、お父さんだ
けが太田家に養子に出されていたからだった。

しかし両家の交際が深かったため、6人兄妹はほとんど離れ離れになることなく大人になったという。
その話を聞いた俺はますます、この一族の一員になれたことを嬉しく思いこんな素敵な人たちのところに嫁いでくれた母に感謝すらしていた。

しかしそんな俺の気持ちが、後々自分の障害になるなんて、当時は思いもしな
かったんだ。

 

その年、2000年のクリスマスに、俺は付き合っていた彼女にプロポーズした。
この街では数少ない小洒落た店を予約し(俺は地方都市で育った)、大枚を
はたいて買ったエンゲージ・リングを彼女の薬指にはめた。

18の頃に両親が離婚し、間近で見せられた彼らの修羅場がトラウマとなっていた俺は、「結婚」なんてものになんの幻想も夢も抱いていなかった。その俺が結婚する。結婚できる。俺のトラウマは癒されたんだと思った。満面の笑顔で彼女が言う。

「ウチのお父さんの説得、ふたりでがんばろうね」

彼女は3人姉妹の真ん中で、上・下の姉妹はすでに嫁いでいた。それゆえにいつも「お前の結婚
相手は婿入りできる人間でないと認めない」と、彼女は父親から釘を刺されていた。俺はプロポーズの前に彼女に言っていた。

「俺の母親は再婚してるから安心だけど、親父はずっと一人身で暮らしている。彼に再婚する意思はないし、この先も独身でいるだろう。だから俺は君の家に婿入りするわけにはいかないんだ」

彼女は俺の気持ちを快く汲み取ってくれた。「お義父さん
も一緒に幸せになろうね」そんなことも言ってくれた。幸せだった。この幸
せな気持ちさえあれば、彼女のオヤジさんもきっと説得できると、自信を持
っていた。

 

それからまもなくのある日、俺は彼女の実家に挨拶に行った。オヤジさんは
渋い顔つきをしていた。すでに彼女から俺が婿入りの意思のないことを聞か
されていたからだろう。座布団も茶も出なかった。まあ当然だろう、と俺は
気合を入れてオヤジさんと話し始めた。

「はじめまして。大塚と申します」
「話は聞いてる。認めない」

呆気にとられた。

「私たち夫婦に残されたのはこの娘だけだ。この娘までとられたらこの先、
私たちの面倒は誰が見る?」

俺はめげない。

「私が婿入りしないとしても、それはお義父さんたちの世話をしないという
ことではありません。ただ一緒に暮らせないというだけであって、お義父さ
んたちから彼女を奪うつもりはないのです。私を家族として認めていただき
たいのです」

ここまで理路整然と話ができたかはおぼえていない。オヤジさんは聞く耳を
持ってくれなかった。

「家族になりたかったら、戸籍上でも正式になりなさい」

太田のお父さんのことが頭に浮かんだ。血のつながりや戸籍についての考え
方、それは人によってこうまで違うものなのか。そんなことを考えたり聞い
たりしたことがなかった人生だった俺だから、二の句が出てこなかった。情
けないが彼女に目を向けた。ヘルプミーだった。しかし彼女はずっと目を伏
せたまま、とうとう最後まで一言も口を開くことはなかった。

 

とりあえず、また今度お伺いしますと辞去した。彼女が車で送ってくれた。
車中は静かなものだった。俺は戸惑いやら怒りやらで混乱した頭を押さえつ
け、精一杯、虚勢をはった。

「まあ、時間をかけてがんばる…か!」

その俺の言葉も彼女は聞いていないかのように、ポツリと言った。

「無理かも…」

俺は爆発した。

「なんでだよ!?まだ一回目だぞ!ふたりでがんばろうって言っただろ!?」

彼女はすっかり怖気づいていた。すぐに冷静さを取り戻した俺は、やんわり
と、なだめすかしながら、しかし結論も出せずにこの日は彼女と別れた。
翌日は彼女とのデートだった。うまく事がすすんでいたら、本当は俺の両親
(もちろん太田のお父さんも含め)に挨拶に行くはずだった日。甘かったな
~と苦笑しつつ、彼女との待ち合わせ場所である喫茶店へと入る。いつもの
席に彼女がいた。彼女はいつもと変わらなかった。俺もいつもと変わらない
ように装った。俺のバカ話にケタケタと笑う彼女に安心し、昨日の話を切り
出した。

「昨日は情けない終わり方になっちゃってごめん。甘かったよ俺」

下げた頭を戻すと彼女の強張った顔があった。…ん?なんだ?? 話を続けた。

「早いうちにリベンジしたいから、お義父さんたちの都合を確認しといてくれるかい?」
「うん。わかった」

彼女の顔がいつもの顔に戻った。また安心した。

「ゆっくりと、時間をかけてがんばろうな」

むしろ自分に言い聞かせるように言った。
そして彼女に会ったのはこれが最後になった。

 

 

夜の星の海で…

 

僕「僕は……君の事が好きなんだ」

女「……」

少しだけ肌寒い風が吹いている八月の夜。

夜が始まったばかりの空には、キラキラと瞬く無数の星が、僕たちを見つめている。

空っぽの気持ちで空を見つめていた僕は……この告白が成功するとは正直思っていなかった。

ネガティブな考えでこう言っているのではない。

彼女は……。

誰から告白をされても、絶対に付き合ったりはしない。

僕はそれを知っていたから。

女「……」

彼女はただ、地面の方を向いて黙っているだけ。

女「……ごめんね。君とは付き合えないよ」

それだけ言うと、彼女は暗闇の中へ消えてしまった。

ああ、やっぱり……。

僕「これで、明日から彼女とは話もできない、か」

僕「……」

一人ただボーッと、残された僕は、さっき彼女に表れた変化……それを思い返していた。

両手を前の方で合わせて座り、僕の言葉に反応するように、少しだけ体を震わせた彼女……。
何かを呟いていたように思うけれど、僕の耳には彼女のごめん、という言葉しか残っていない。

彼女がいない隣を見ていると、本当にそう言っていたのかすら怪しいくらいだ。

僕(……まあ、今さら考えても仕方ないか)

そう、いない彼女の事を想っても何にもならない。

僕は少しの間歩く事もできず、また黒い空だけを見つめていた。

残された虚無感と、明日から彼女と話す事のできない不安が、一気に押し寄せてくる。

僕「ハァ……」

ため息だけが、夜の闇に溶けていく。

頭上で輝いている星々の美しさなど、今の僕には気付く事がでるはずもなかった。

……。

僕と彼女が出会ったのは、僕が大学三年生の時の事だ。

四月の入学式や、五月の慌ただしい連休が終わって……大学全体が少し落ち着いたようになったある日。

いつものように、学生食堂でお昼ご飯を買おうとしてた。

その時の僕には、彼女を見過ごして会わずにいる事もできたのに……。

それでも彼女と会ったのは、けっして恋愛感情から来る行動ではなかった。

それだけは、今もはっきりと覚えている。

最初の頃は……彼女の事など、全く頭にはなかったんだ。

僕「さて、今日は何を食べようかな」

僕は、授業から解放された嬉しさを胸に、食堂の中を歩いていた。

カウンターのすぐ横にある食券の販売機が目的地だ。

僕(昨日はカレーを食べたし……今日は無難に定食かなあ)

こうやってお昼のメニューを悩む事ができるのは、贅沢な事なんだ、と最近考えるようになってきた。

僕(よし、今日は鮭定食にしよう)

……といって、頭の中で決めたメニューの食券をすぐに買えたわけではなかった。

女「ん~、何にしようかな~」

どうやら、先客がいるみたいだった。

メニューが書かれた枠を、右に見ては左に見ては……。

後ろで一本に縛られた長い髪がその度にフリフリと小さく揺れている。

女「ラーメン……ハンバーグ……唐揚げ」

呪文のような、ブツブツとした声が後ろにまで響いてくる。

僕「……」

母ちゃん「何を言っているの…あなた誰なんですか」

母ちゃん「あんまりしつこいと通報しますよ…」

俺「時を越えて会いにきたんだ。平成29年から」

母ちゃん「…平成って…?」

俺「とにかく時間がない。いまから俺のいうことをよく聞くんだ」

俺「おい、どこ行くんだお袋」

母ちゃん「公衆電話です。不審者は警察に通報しなきゃ」

俺「まってくれ。だったら、俺が本当の息子だってこと証明してやる」

俺「あなたの名前はハルカ。現在20歳。血液型はA型。趣味は裁縫とガーデニング」

母ちゃん「ストーカーですか! あとガーデニングなんてしません」

俺「……そうだった。それは結婚してマイホームを買ってからか」

母ちゃん「なんなんですかあなたは」

俺「ほかにお袋のこと…ううん」

俺「……そうだ。お袋は足の付根の内側に大きなやけどあとがあるな」

俺「子供のころに婆ちゃ…あんたの母親が誤ってこぼしてしまって大変なことになったって」

母ちゃん「え……どうしてそれを」

母ちゃん「家族しかしらないはずなのに…」

俺「息子だからだ。家族なんだよ。未来で俺たちは家族なんだ」

母ちゃん「信じられませんそんなこと。マンガテレビじゃあるまいし」

母ちゃん「私マンガテレビは嫌いなんです」

俺「俺の名前はタカシ!」

母ちゃん「…!」

俺「あなたがずっと、将来子供ができたらつけようとおもっている名前。女の子ならチカ」

母ちゃん「そんな…」

俺「これでも信じられないか。お袋」

母ちゃん「で、でも…」

俺「あんたはこのあと、ある男と出会う」

俺「大学の友達と二十歳のお祝いでバーにいくだろ」

俺「その時あんたに話しかけてくる男がいるはずだ」

俺「婆ちゃんからお袋たちの馴れ初めをちょこっと聞いただけだから、具体的にどういうシチュエーションかはしらないけど」

俺「その男と仲良くなってはいけない」

母ちゃん「どうして…そんなことまで…」

母ちゃん「確かに、このあとバーに行きます…」

俺「あぁ、旧来の友人であるミチヨおばちゃんとだ」

俺「ちなみにミチヨおばちゃんはアラサーで犬を飼い始めてから結婚をあきらめてずっと独身だ」

母ちゃん「それはどうでもいいわ」

俺「いいか! バーに行くな! 行ったとしても。話しかけてくる男と仲良くなるな!」

母ちゃん「誰なんです、その男の人は…」

俺「そいつは」

俺「俺の親父だ…」

最愛を守れなかった…一生分の涙を流した話。


つまらん話だが暇なやつだけ聞いてくれ。
いろいろあった恋からようやく一年が経って、気持ちの整理をつけたい思いから
なんとなく書いてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。
なんだかんだでバイトを転々としながらようやくとある小さな会社の正社員になった。
社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになりなんとか頑張れていた。

そんな中、仕事の出張でちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。
6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。
実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。
空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。

「すみません、人違いだったらすみません。XX君、じゃない?」