【恋愛】プロポーズした時の話

 

 

 


俺は今年28になるおっさん。
大学卒業して就職した先をすぐに辞めてプーになりしばらくしてようやく見つけた仕事先で安定してきたので春先に彼女にプロポーズをした。
彼女は21になる普通の女性(仮名:ユウ)
特段綺麗だとか、可愛いとか、スタイルがいいだとか、性格がいいとかじゃないんだけど。でも一つだけ、一般の人とは違う。彼女は高度の難聴者。人の声はほとんど聞こえません。

 

 

出会ったのは随分前の話。
だから話が曖昧になるかもしれないけれどそこは・・すまん。
俺は大学に入学してからは福島から上京して一人暮らしするようになった。
仕送りも少しもらってたんだけどなんだかんだで金はそれ以上に必要になる。親の負担を少しでも軽くしようって孝行心もあった。
そこでバイト。近くの個別指導塾の講師。正直面倒だったんだけど金のためだと週3くらいのペースで入っていた。
塾講師やったことある人は結構いると思うんだが、最初は研修みたいな形で先輩講師と一緒に授業をしてた。そこは1対2の塾で小学生から中学生まで教えていた。
んでバイト初日。
欠席が出てマンツーマンの授業。マジで後悔した。
『普通』の生徒の授業をするもんだと思っていたからな。
教室長に「今日見る生徒・・難聴者の生徒さんでね。一応言葉は話せるけど声は聞こえないからなるべく筆談でお願い」って言われた。
なんだそれwって思いながらも生徒の下へ。
机の上にテキストと筆箱を出してボーっと前も見ながら座る女の子。
それがユウとの出会いでした。

 

 

 

孤児だった俺は、幼少期の暗い過去を払拭できずにいた。そんな時、学校でやたら付きまとってくる後輩と・・・・


女「お、おはよう」

男「……」

女「最近すこし、あ、暑くなってきたよね。実家のお庭の向日葵は元気みたいなんだけど、……私は夏って、少し苦手かも」

女「あ、でも庭に向日葵があるって変、かなぁ? そんなことない、よね? 別に……へへ」

女「お父さんがね、園芸が趣味なの。あ、で、でもでも園芸って行っても、向日葵くらいしか、ないんだけどね」

男「……そうか」

女「う、うん! その影響でね、私も、鉢植えで作るミニ向日葵を栽培してるんだけど、小さくて可愛いの。一生懸命育ててると、ね、植物にも愛着がわくんだよ」

女「向日葵、もし興味があったら言ってね。小さいから学校にも持ってこれると思うんだ。もも、もちろん、うちに見に来てくれてもいいし!」

女「いまは、ひ、一人暮らしだけど、あの、でも、あなたなら歓迎するし……ね……へへ……」

女「……あ……そ、それじゃ、私今日日直だから、そろそろ自分のクラスに戻る、ね」

レンタル彼女は存在した!? 暇つぶし試してみたら驚きの結果にwww


大学生のころ、俺はずいぶんとくだらない生活を送っていたと思う。

仮にも誰かに「学生時代、何して過ごしてた?」と聞かれたら、

俺は「スマホゲーム」とでも答えていたかもしれない。

そんな俺に友達と呼べる相手もいるはずもなく、

一人暮らしは仕送りとアルバイトで生計を立てていた。

学校では比較的まじめに授業を聞いて、家にかえったら迷わずパソコンを開いていたな。

要するに、俺はつまらない人間だったんだ。

可愛いけど、ちょっと・・・いやかなり危ないヤンデレ系女子の恋煩い


ヤンデレ「わたしは好きな人を束縛するなんて最低の行為だと思うわ」

男「ほう」

ヤンデレ「だって本当に好きなら相手の幸せを願うはずでしょう?」

男「まあ、そうだな」

ヤンデレ「それなのに自分の欲望を相手に押し付けて好きな人に嫌な思いをさせるなんて最低よ」

男「なるほど、確かにそうだ」

ヤンデレ「その点わたしはえらいのよ」

可愛すぎる先生に恋をしてしまった話

ついに呼び鈴を鳴らしてしまった。

僕に与えられた後悔の時間は数秒ほどだったけど、先生がドアを開けて顔を覗かせるまでに、たっぷりと数分は過ぎたような気がした。

「…………どうして」

目を瞠った先生の唇がぱくぱくと動く。

久しぶりに見た先生の顔は記憶の中のそれよりもほっそりとしていた。少し痩せたかもしれない。

「あの、僕、心配で……その、ええと」

長い時間をかけて考えてきた言い訳なんか、一瞬で吹っ飛んでいた。

玄関先で顔を突き合わせたまま馬鹿みたいに目をそらし合う。

泥酔した私が見知らぬ街に迷い込んだ時の話

 

女A「……って、どこだろここ」

女A「うー、飲みすぎかな。全然道が分からない」

女A「電車で四駅のとこだから一時間ちょいで着くはずなんだけど……」

女A「これは本格的に迷子かもしれない」

女A「あ、人がいる。これはもう道訊いた方が早いな」

女A「すみませーん」

女B「はい?」