米国の動物介在プログラム 「猫たちといると心が温かくなる」

ワシントン州内の刑務所で広くおこなわれている保護猫の社会化プログラム。モンロー刑務所(MCC)の取り組みが他の刑務所と違うところは、重い精神疾患を患う男性受刑者だけを収容する特別ユニットでプログラムがおこなわれていることです。モンロー刑務所と協働してプログラムをおこなっているのは猫専門の保護団体パーフェクト・パルズ。2006年にスタートし、最初の8年間は生後6カ月までの子猫を対象にしていましたが、2014年からはシャイで人に慣れていない大人の猫も託すようになりました。これまでになんと750匹以上、刑務所でケアを受けたほぼすべての猫たちの譲渡に成功しています。また、受刑者が猫を傷つけるようなこともいっさいないということです。

毎週火曜日にはボランティアが刑務所を訪れ、猫たちの状態をチェックします。特別ユニットに入ると、15人の受刑者がキャリーを持って集まってきます。みんな笑顔で、刑務所のスタッフも一緒になって猫たちをなでたり、抱っこしたりと、なんとも和やかな雰囲気なのです。

多頭飼育崩壊の家からレスキューされた二匹の猫を1年近く世話しているという受刑者は話します。

「この子たちは、最初ここに来たときはおびえ切っていて、いっさいキャリーから出てこなかったんだ。キャリーから出して抱き上げられるようになるまで4カ月かかったよ。でも、いまでは僕のすぐそばでくつろぐようになった。ひざ乗り猫にはならないだろうけど、家庭のペットには十分なれると思うな」

受刑者たちは、Tタッチと呼ばれるマッサージ法で猫たちの緊張をほぐしたり、そばに来ればおやつをあげるなどして、少しずつ彼らの警戒心を解いていきます。

また、このプログラムでやりがいを感じるのはどんなときなのか、受刑者は語ります。

「猫が僕を信頼してくれたとわかったとき。ずっと隠れていた猫がベッドに乗ってきて、ゴロゴロのどを鳴らして甘えてくれる。人生で最高の瞬間だよ」

「猫たちといると、心が温かくなるんだ。猫たちがどんなことをしても、僕は絶対叱らない。この子たちはもう十分怖い思いをしてきたんだから。引っかく猫もいるけど、それはおびえているからだ。凶暴だからじゃないんだ」

自分が世話した猫を手放す瞬間の気持ちについても、受刑者は語りました。

「まるで自分の一部が去っていくような感じで、すごくつらい。別れがつらくて、半年間プログラムを休んだこともあるんだ。でも、猫たちのおかげで、ここにいる時間が少しはましになる。愛する者がいることでね」

こう語る受刑者は、仮釈放なしの終身刑を科されています。でも、もしもいつの日かここを出ることができたら、『捨てられた動物たちを救う仕事をしたい』と彼は言っています。

パーフェクト・パルズの担当者スーザン・バークはこう話します。

「この人たちがもっと早くに適切な治療を受けられていたら、被害者もいなかったし、一生を塀の中で過ごすことにもならなかったと思うと、ほんとうに悲しい。このプログラムは、そんな彼らに少しでも意味のあることをするチャンスを与えています」

特別ユニットを担当する刑務所スタッフも言います。

「彼らは重篤な精神疾患を抱えていますが、とてもそんな風には見えないでしょう?猫たちがいるおかげで、ほんとうに心情が安定しているんです。自分以外の誰もケアしたことがなかった人たちが、こうやって他の命をケアする経験をして、変わっていく。それはすごいことですよ」

猫も人も救われるモンロー刑務所の保護猫プログラム。その成功を支えているのはなんと言っても、受刑者とともに働くことをいとわない保護団体とボランティアの存在です。パーフェクト・パルズでは刑務所に行くボランティアの確保に苦労したことはなく、フードや猫砂、おもちゃなどもすべて寄付で賄えているといいます。

犬もそうですが、猫もまた、自分を愛し、大切にしてくれる人には無条件の愛情で応えてくれます。そんな動物を介するからこそ、刑務所という壁を乗り越えることができるのかもしれないですね。

犬のレンタル〜保護されたわんちゃんとのふれあい〜

皆さんはペットのレンタルサービスがあるのをご存知ですか?もちろん動物愛護の観点からは、賛否両論色々ありますが、今回は“保護犬のレンタル”について考えたいと思います。飼い主に捨てられたり、元々飼い犬でなかったり、多頭飼い崩壊などによって、保護団体や個人の方によって「一時的に保護されている犬」たち。動物病院の掲示板や、インターネット上でも、毎日のように数多くの里親募集の案件が掲示されています。それでも、心ある飼い主さんに出会えるわんちゃんは、その中のほんの一握りにすぎず、家族を得られない子たちが沢山いますね。

 

 

保護された犬達は行政による殺処分からは免れますが、里親の元に引き取られなければ、一生、温かい家庭の中で暮らすことは出来ません。そうした身寄りのないワンちゃんの存在を一人でも多くの人に知ってもらい、新しい飼い主になってくれる人との出会いを探すために、各地域で定期的に、保護団体による譲渡会が催されています。そして、そうした取り組みのひとつとして、保護犬を一般の方に貸し出したりもしているようです。「犬のレンタル」と言ってしまえば、なんだか殺伐とした印象を受ける方もいらっしゃるでしょうが、保護犬のレンタルは、単なる営利目的の犬の貸し出しとは違った意味を持つものとして捉えるべきなのかも知れません。もちろん、取り扱う業者によっては、他の「レンタル専用犬」と同様に、一時貸し出しというお仕事もこなす一方で、その中で良い出会いがあれば、新しい家族の元へと引き取られていくチャンスにもなりもすし、何より、保護犬を積極的に貸し出すことで、レンタル専用犬として生み出される犬を、一頭でも減らせることに繋がってゆくのではないかと考えます。

保護犬をレンタルするメリットとして、

①保護犬に色々な人間との触れ合いの機会を与えてあげる事により、一般家庭に引き取られた後の適応能力を、事前に育てることが出来る

②里親になりたい人は、引き取りたい犬と一定期間を共に過ごす事により、多少なりとも、その犬との相性を見極めることが出来る

③レンタル犬として貸し出される犬の多くが保護犬になれば、レンタル犬として生み出される犬を減らすことが出来、保護犬にも新しい家族と出会えるチャンスが広がる

などです。

ちなみに、保護犬をレンタルする際の注意点としては、貸し出し側より定められている筈ですので、まずはそれに従う事が大前提ですが、保護犬という性質上、犬を飼っている者の視点から、注意するべきと思う事をいくつか挙げてみたいと思います。

①過去の嫌な経験を思い出させるような扱いを避ける

これは、その保護犬が保護される前、どの様な環境に置かれていたかにもよりますが、社会復帰のために訓練され、今は人懐っこい良い子であっても、過去に何か嫌な経験をして、その事がトラウマになっていれば、ちょっとした事でその時の恐怖を思い出してしまう恐れもあります。ワンちゃんによっては、怯えて噛みついたり、逃げ出してしまったり、また、心を閉ざしてしまったりといった事にも繋がってしまうかもしれません。

②持病のための療養食など、食事の指示は必ず守る

もしも、1泊~数日レンタルで、保護犬にエサを与える必要がある場合、貸し主側の指定するエサや給餌量などには必ず従いましょう。持病を持っているワンちゃんの食事には特に注意しなければ、症状を悪化させることもありますので、指定のエサが用意されている場合、勝手に他の食べ物をあげないようにしましょう。

③行方不明にさせない

これは、保護犬に限った事ではありませんが、初めて連れて来られた場所で迷子になってしまえば、ワンちゃんだって何処を目指して歩けば良いかわかりません。万が一首輪や鑑札の無い状態で迷子になってしまったら、せっかく保護されて繋いだ命も、行政による保護(=殺処分の対象)となってしまいかねません。また、交通事故にあって命を落とすかもしれません。

以上が大まかな注意事項です。保護犬がみんな問題を抱えているとは思いませんが、過去の飼育環境などの影響により、心や健康面に問題を抱えた犬も、中にはいる事でしょう。そうした子の多くが、何らかの苦手な物、苦手な音、苦手な人など、敏感に反応してしまう苦手な何かを持っています。もしも、その保護犬を、最後まで面倒を見るおつもりであれば、苦手意識を克服させてあげるお手伝いをすればよいと思いますが、数時間~数日間レンタルするだけの間柄では、それは難しいでしょう。出来れば、苦手な物から遠ざけて、レンタル中の時間を穏やかに楽しく過ごさせてあげられるように配慮してあげると良いのではないでしょうか?

 

犬を飼っている方たちの見解としては、犬のレンタルという商売について、少なからず嫌悪感があるのも事実でしょう。ですが、保護犬のレンタルについては、少し違った側面で見ることもできるかと思います。新たな家族を求める保護犬と、「新しく犬を迎えるなら保護犬から」とお考えの、真の愛犬家とを結びつける、ベターな方法なのかもしれない、とも考えられる訳です。「保護犬を譲り受けたが、先住犬と折り合いが悪く、やむなく返却した」「いつまでたっても、家族に馴染んでくれず、世話が行き届かないので、返却した」実際に、こういった事例も多くある中で、引き取る前にトライアルできるのであれば、犬も人も、無駄に失望することも少なくなるのではないでしょうか?実際に、保護団体によっては、トライアル後の正式な引き渡しを条件にされているところも多くあるようです。犬のレンタルについて議論すればキリがなく、皆さんの中にも様々な意見がおありの事と思いますが、レンタルというサービスを通じて、お家の無い保護犬に、安心できるお家と温かい家族を見つけてあげられるのであれば、こういった方法もアリなのかな?とも思います。

「犬の命をすくう」という ふるさと納税の新たな選択肢

 

「ふるさと納税」ときくと、なにをイメージされますか?一般的には、ある地域に寄付などをすると「お礼」として、特産品や名産品を受け取ることができるシステムとして認識されていますよね。そんな中、広島県神石高原町は、ふるさと納税を「犬の命をすくう」ことに繋げている自治体なんです。

1日150頭。これは、全国で殺処分の決定により命を奪われる犬や猫の数。減少傾向にはあるものの、今もさまざまな理由から、ときには飼い主の身勝手な理由で実施されているのが現状です。

広島県神石高原町に本部を置く、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトが掲げている目標は、2020年までに日本の犬猫の殺処分をゼロにするということ。じつは、2011年度に犬猫の殺処分数で全国ワーストを記録した広島県。支援者によって保護施設を拡充し、2016年に広島県の殺処分対象犬をすべて引き取ってからは、なんと、犬の殺処分ゼロを維持しています。

「保護犬たちに、人間のぬくもりを伝えたい」という想いを胸に、ただ犬たちを預かるだけではなく、一頭一頭に新しく名前をつけます。その子たちが新しい家族に出会えるまで、愛情を持ってお世話をします。いつか引き取ってもらう里親さんと、すこしでも早くしあわせな生活を送れるよう、犬たちの健康の維持に努め、人に馴らすトレーニングを日々続けているのだそう。ふるさと納税で神石高原町に寄付することは、このプロジェクトの支援につながっていきます。もちろん、これも住民税、所得税の控除対象です。

寄付金の主な用途は大きくわけて4つです。

1.新犬舎建設や既存犬舎・譲渡センターの改修工事

2.スタッフの人件費や事務所の運営費

3.犬の医療費やフード代

4.冷暖房完備の犬舎の光熱費や譲渡センターの維持費

ふるさと納税をはじめ、たくさんの人の寄付でこれらの支出をカバーしてきたものの、年内には保護頭数が2000頭前後になることが予想されます。すべての用途において、昨年度を大きく上回る費用を要することは必至なのです。ちなみに、2016年度は、ピースウィンズ・ジャパンの保護・譲渡事業には6億円以上の経費が掛かりました。犬舎や譲渡センターの増設を早急に進めなければ、再び殺処分機の稼働を許すことになってしまいます。

ふるさと納税というと、食べ物を謝礼としてもらえる制度というイメージがありますが、必ずしもそれだけではありません。神石高原町に納付すると、特産品のほかに、このプロジェクトで活動する人たちの想いや、その現場を丹念に追ってまとめた書籍、実際にボランティア活動に参加できる「ピースワンコツアー」など、ここならではのお礼を受け取ることができます。

 

保護犬の問題は、よく耳にはするものの、“具体的に自分たちが動き出すきっかけというのがあまりない”というのが現実です。ひとりひとりのわずかな力でも、それが集まってすくわれる命があります。今年のふるさと納税、どこに寄付をしよう?と悩んでいる人がいたら、新たな選択肢に、神石高原町の「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトをいれてみてください。公式サイトでは、保護犬の紹介や、譲渡会(関東でもおこなわれています)のお知らせなども随時更新中。「犬の殺処分ゼロ」活動は、今日も続いているのです。