【おもしろ】俺にも彼女が出来たんだが、あまり話さない子なんだ・・・。まぁかわいらしいんだが 女「///」プシュー

男「ごめん、聞こえなかった。もう一回言って?」

女「……」ボソッ

男「……」

男「もうちょっとボリューム上げられないかな?」

女「…………付き合ってください」

男「えっ」

男「ま、まぁいいけど…」

【ガチ怖】卒業から10年後の同窓会 顔も名前も思い出せないが、いたはずのアイツがいない・・・そして当時の教師の変死と失踪したクラスメイト。→恐怖の同窓会が始まる

友『だからさ、同窓会しようぜって話なのよ』

男「それは分かったけどさ、何で俺にそんな話をするんだよ」

友『そりゃお前、元学級委員だろ?学級委員が同窓会企画するのは普通だろ』

男「・・・お前、俺に面倒なところ全部押し付けたいだけだろ」

友『ま、まさか。そんなわけないじゃあないか。ははは』

男「・・・。まあいいや、俺の久しぶりにみんなには会いたいと思ってたし、今回は口車に乗ってやるよ」

友『おお、それでこそ元委員長だぜ。んじゃ頼むなー』

(通話終了)

【スカッと】スネ夫みたいなヤンキーに下校途中に突然殴られた。もやしだった俺は何もやり返せずただ泣いたが、悔しくて復讐を決意!衝撃のDQN返しがはじまる

俺は頑張った

俺が高2の頃

いつものよう帰り支度をして足早に帰ろうとしたら

「おい」

最初俺にかけた言葉とは気付かずにスルーした。しかし、

「シカトか?」

って言われて後ろから蹴り飛ばされた。

【感動】世界で一番大切な物を宝くじ売り場で手に入れた話をする

 

 

これは、6年前にあった話し
ちょうど、色々あって決着がついてから
1年たつので気持ちの整理がてらに書いてみようと思う

ちょうど、今から6年前・・・
彼女と出会ったのはそのへんのどこらにでもある宝くじ売り場だった

 

まず、最初に断っておきますが宝くじステマではありませんww
っというか、後述してありますが宝くじはやらないほうがいいですww
私はおススメしません
理由も後ほど

因みに、行動などは当時の日記があるのである程度正確に書けますが
会話などは概要しか覚えてないので
想像も少し入ります・・・
すみません><

 

【ほっこり】とある昔の出来事で、記憶喪失と失語症になった私。絶望の毎日だったのに、ある人との出会いがきっかけで毎日が楽しくなりました。

言葉を失って、私は中学生の大半を家で過ごす事になった。

母は何故か出ていって、私の家には父と弟、犬のえだまめだけになってしまった。

私は何をされたか覚えて居なかったに、気ままに引き籠り生活を送ってた。

ただ母が居ない事は少し寂しくて、泣いて居た気がする。

まぁそんな事はどうでも良いんだ。

でも父と弟が話している時に、何か思っても

【おもしろ】うまく伝えられない女の子とうまく話を聞けない男の子【ほっこり】

女「えっ?」

男「え?」

女「……えっ?」

男「いや、いま何か言った?」

女「……」

女(……ええー)

あれほど実家に関わるなと伝えていたのに、夫が娘を連れて挨拶に行ってた。結果、娘の腕にひびが入ってた。父が灰皿投げつけたらしい、さすがに許せない

今日夫はGW振り替えで休みだった。

娘を連れて遊びに行っていたのだが、帰ってきたら娘のうでに包帯、泣き疲れてて目が腫れ上がってる。

夫いわく、娘が生まれてから一度も私の両親に会わせていないのでこっそりつれていったと。

最初は初めて会う孫娘に舞い上がっていた父が、何かの拍子にいきなり切れて

娘にむかって灰皿投げつけ→腕に当たってひび。

何回も話したよね、私の右耳が聞こえないのは父になぐられたからだって。

私の姉がかるく足を引きずって歩くのは父に床に投げつけられたから。

兄は額に傷が残ってるけど実は体中に残っている傷も、父の暴力から私と姉をかばったからだよ。

【ガチ怖】潰れるお寺の解体をしていたら、大きな木箱がみつかった。なにやらお札が貼られていて、元住職に連絡すると狂ったように騒ぎ出した!【ホラー】

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、

先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。

今は利用者もないお寺ね。

んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「~、ちょっと来て」と。

俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてたんだわ。

俺「何これ?」

同僚「いや、何かなと思って・・・本堂の奥の密閉された部屋に置いてあったんだけど、

ちょっと管理してる業者さんに電話してみるわ」

【甘酸っぱい】ある女の子にオープンキャンパスで一目ぼれした話

 

 

まず俺は今日オープンキャンパスがあったんだ。
それでもうその大学に行く事は決めてたから今日で三回目だった。
今日は両親と妹と俺の四人でオープンキャンパスに参加したんだ。
まずはお決まりのミニ講義が始まった。

それでもう既に講義室は満員だったから空いている前の方の席に座った。
そこで俺のちょっと離れた左の席にめちゃくちゃ可愛い子がいたんだ。
視力が0.2位の俺でさえ一目で可愛いと確信が持てた。
その子は黒髪ロングでカチューシャをしていて半袖の水色のワンピにハーパンで露出がすごい多かった。

 

金が無くて困っていた俺が、借金踏み倒してタコ部屋に入れられた時の壮絶な思い出話をする

 

 

とりあえずなんでタコ部屋いれらたか話す

去年金が無くてアパートを追い出されて、とりあえず飯場にいったんだ

以前にも建築の仕事してたから、とりあえずそこで金溜めようと思って

タコ部屋労働とか未だに回ってるんだな

免許書もあったから運転手込みであっさり雇い主もみつかった

ただ・・・時期が悪かったんだよね。

去年の建設業はとにかく仕事が無くて、月12日も出れれば良いほうだった

当然、それじゃあ生活も満足に出来ないし

お金を溜めてアパートを借りることも難しいなと思ったんだ