一緒に暮らすうえで”意外と”見ておいた方が良いこと

 

お互い別々に暮らしていると上手くいくことでも

同棲を始めて今まで見えていなかったところってやはり出てきますよね。

その中でも”こんな些細な違いくらい”と思うことも結婚してからだんだん

歯車がずれていってしまうことも、、、

今回はそんな一緒に暮らすうえで見ておいた方が良いことを紹介していきたいと思います。

 

 

寝る時間が同じくらいかどうか

一緒に暮らすうえで生活リズムが違いすぎると些細な事ですがストレスがたまることも、、、

どちらかが少し遅いだけで帰っている方も”起きて待っていよう”とするのも

暮らし始めはウキウキして待っていられますが、何カ月かするとそれもしんどくなってきてしまいます。

また、電気の光やTVの音など細かいことで起きてしまう方もいますよね。

寝室が同じ場合は起きる時間も違いすぎると一緒に目覚めてしまいあまり休めなかった

なんてことが続くと身体の疲れも溜まっていってしまいます。

 

 

エアコンの設定温度が合うかどうか

男性の場合って体温が高めの方が多いと思います。

それに比べて女性は”冷え性”を抱えている方が多いのではないでしょうか。

たまに相手の家に訪問した時に”ちょっと寒い”と感じたとしてもその時はあまり気にもとめないことかもしれませんが

一緒に暮らすとなるとその違和感が毎日になってくるので、違いすぎるとどちらかが少し合わせる形になりますよね。

部屋着を温度に合わせれば良いとも思いますが、一人で暮らしてきた期間が長いと余計に基準の設定温度って

決まってしまうことがあると思うので、あまり設定温度が違わないようが良いかも。

 

 

嫌いなものが同じかどうか

嫌いなもの全てが一緒なのは難しいですが、何個かでも同じに感じるものがある方が

居心地がよかったり、一緒にいても相手の事をイライラさせるようなことも少なくなると思います。

また、趣味なんかも一つ同じ趣味があると会話も弾みますし仲良くいれるカップルも多いはず。

すきなものが合うのも大切ですが、嫌いなものや嫌いな行動・発言のような些細な事が合う方が

より一緒に暮らしたとしても円満にいくでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり、家族以外の人と一緒に暮らすとなると些細な事に敏感になりがちです。

もし、一緒に暮らそうと考えている方がいる場合はぜひチェックしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です