金が無くて困っていた俺が、借金踏み倒してタコ部屋に入れられた時の壮絶な思い出話をする

体の全身が震えていた。座っていたにもかかわらず(地面に腰つけてる)

足が震えているのが分かった。ガクガク震えていた。

「お前、舐めたこといってんじゃねーよ。補填せずに逃げるのは泥棒だぞ。おい」

「す、すいません。でもすぐにそんなお金は・・・」

「だから勝って返せよ。勝てなかったらこっちが処理するから。お前は黙って働けよ」

とにかくもう帰りたかった

安達さんは黙って俺の方を見て

「やる気があるなら自分の腕で返せ。それが出来ないなら50万で良い。

それを用意してから俺に辞めると言ってくれ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です