金が無くて困っていた俺が、借金踏み倒してタコ部屋に入れられた時の壮絶な思い出話をする

「まあ、もう一ヶ月様子みようよ」

安達さんがそう言ってくれた。

「そう言ってくれるのはありがたいんですが、僕がいたらみなさんの足を引っ張るだけです

すいません。やめます」

俺はもう辞める気でいた。

すると藤本に顔を本気で蹴られた

山本ー流石に展開遅くてイライラしてきたぞぉー?はやく長野いけー?

一瞬何が起こったかわからなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です