金が無くて困っていた俺が、借金踏み倒してタコ部屋に入れられた時の壮絶な思い出話をする

明日の面接ばっくれようかな

電話を切り、「岡山なんか行きたくねーなクソ」と思いながら裏スロ屋に向かった

裏スロ屋につくと金田さんがおり、岡山に一年行ってくれと頼まれことを話した。

「そんなのか。お前行きたくないなら断った方がいいぞ」

「でも、断ったらどうせ仕事も干されるんじゃんないですかね?」

「俺はもうこの会社に頼るしかないけどよー。借金もあるし

お前はパチンコで暮らしていけば?金あるんだしよ」

俺は昔、3年程スロットで暮らしていたことがある。

それも開始は3万だったが一年もしないうちに300万まで貯金できていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です