あれほど実家に関わるなと伝えていたのに、夫が娘を連れて挨拶に行ってた。結果、娘の腕にひびが入ってた。父が灰皿投げつけたらしい、さすがに許せない

何をしても治りません。

絶対にもうかかわらないことです。

宿木がないと生きていけないのが人格障害者ですから、

そのうち新たな自分より下の弱い者を見つけて粘着します。

それまでどうかご無事に逃げ切ってください。

(代理)ミュンヒハウゼン症候群に治療法がなくても、

夫に自分の精神疾患を『自覚』させることは出来るかも知れません。

でも、858さんが病院に連れて行く・・・というのは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です