あれほど実家に関わるなと伝えていたのに、夫が娘を連れて挨拶に行ってた。結果、娘の腕にひびが入ってた。父が灰皿投げつけたらしい、さすがに許せない

夫は確かに苦労知らずの坊ちゃんです。

話に聞く義両親は神様のような親です。

そしてそんな義両親にそだてられた夫は、話し合えば分かり合えないはずはないという善意の人です、よく言えば。

ああ、もしかしたら兄姉のことも話してしまっているかもしれないんですよね、思いつかなかった。

姉は海外だからいいとして、夫がどこまで話してしまったのか細かいところも確認します。

お疲れさまです。

娘さんも可哀相に。

858夫は、ハートフルドラマだの映画だのみたいに、自分があいだに入れば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です