【甘酸っぱい】ある女の子にオープンキャンパスで一目ぼれした話

 

それで模擬授業の部屋についたんだ。
こんな言い方するのもなんだが、他の男は野球部の坊主やオタク風の男が多かったな。
それで五人がけの椅子に座るんだけど間隔開けてだから一つの椅子に座れるのは三人なんだ。
俺は一番前の席の一番真ん中に座った。
あ、今更だけどその女の子は石原さとみに似てるからさとみにする。
それでさとみが隣に来てくれたらいいなー位に思っていたらまさかの俺の右の席に来てくれたんだ。

■□■って感じで俺、空席、さとみって感じで空席のところに俺がカバンをおいちゃってて、さとみが鞄抱えて困ってたから、「あっ、ごめん鞄置く?」って聞いて「ありがとー」って言われてニコッてされた。
もうめちゃくちゃ可愛いの。今まで出会った女の中で一番って言えるくらいね。
それでまぁ模擬授業が始まったんだけどちょくちょく目が合うんだなぁこれが。

そんで目が合うのは俺がさとみをチラ見するからなんだけど、俺の中でさとみへの恋心が芽生えていった。
模擬授業は二回に分けて二時間目に他の学部に移る事も可能で、それでさとみが他の学部行ったらそこ行こうかなーとか、移動の休み時間になんて話しかけようかなーって頭がいっぱいだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です