【感動】世界で一番大切な物を宝くじ売り場で手に入れた話をする

 

最初は就業時間が定まらず、残業があったりして
俺がみーちゃんを迎えに行ったりしてたんだけど
ある程度たってから
勤務時間が安定するようになって
育児に関しても彼女は1人でできるようになっていった
本当に強い女性である

 

そして、彼女(亜樹)に遇う約1ヶ月前ぐらいに
彼女に呼び出された
どうやら、彼女に好きな人が出来たとのことだった
みさちゃん「私、好きな人が出来たんだ」
俺「本当に!?おめでとう!」
みさちゃん「だから、この関係はやめにしよう?」
俺「分かったw何か困った事あったらいつでも言ってくれw」
覚えてないけど概要はこんな感じだったと思う
俺は反面うれしく思うも寂しくもあった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です