【感動】世界で一番大切な物を宝くじ売り場で手に入れた話をする

 

彼女はすぐに走り去ってしまった
俺はその日から観覧車が大嫌いになった
だって、見るたびに彼女の悲しそうな笑顔を思い出すんだから
そして、自分の情けなさに対する怒りがあった

 

翌日、俺はやっと決心がついて彼女に連絡を取った
そのときの俺は考えた末
彼女と病気と闘う覚悟だった
その覚悟になった要因のひとつとして
彼女とお台場で会ったときに実家の番号を聞いたのだ
そのとき彼女は、少し考えた末に教えてくれた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です