【ガチ怖】潰れるお寺の解体をしていたら、大きな木箱がみつかった。なにやらお札が貼られていて、元住職に連絡すると狂ったように騒ぎ出した!【ホラー】

1917(大正6)年:東日本の大水害(死者 1300人)

1917(大正6)年:桐野炭鉱の爆発(死者 361人)

1922(大正11)年:親不知のナダレで列車事故(死者 130人)

そして、1923年(大正12年)9月1日、関東大震災。死者・行方不明14万2千8百名」

俺「それが何か?」

息子「全て、リョウメンスクナが移動した地域だそうだ」

俺「そんな!教団支部ってそんな各地にあったんですか?と言うか、偶然でしょう(流石に笑った)」

息子「俺も馬鹿な話だと思うよ。で、大正時代の最悪最大の災害、関東大震災の日ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です