【ガチ怖】卒業から10年後の同窓会 顔も名前も思い出せないが、いたはずのアイツがいない・・・そして当時の教師の変死と失踪したクラスメイト。→恐怖の同窓会が始まる

男「誰だって?」

友『あいつだよあいつ、あの青白い顔して本郷たちとつるんでた』

男「!出席番号十四番のあいつか?」

友『それは覚えてねえけどさ、いただろ?顔と名前は思い出せねえけど』

男「校庭の隅に、彼の提案で埋めたんだな?」

友『ああ、それは間違いねえ。いつも物静かなあいつが率先してやってたからな、お前もかんでただろうに』

男「そう・・・だったか?」

友『ああ、「いつも寡黙な奴がやってくれるのはこっちとしても嬉しい」とか先生ともどもいってたぞ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です