【ほっこり】とある昔の出来事で、記憶喪失と失語症になった私。絶望の毎日だったのに、ある人との出会いがきっかけで毎日が楽しくなりました。

彼と出会って各段に何か、私に対する偏見の目が変わる訳ではありません。

辛い事がある度に、彼の電話番号を見ては、通話ボタンを押そうとするのですが

おせませんでした。きっと彼の言葉を社交辞令だったらどうしようか、そう思っては携帯を閉じました。

でも私は、彼の番号があるだけで、それでも真っ直ぐ生きていこうそう思えました。

もうこの時、私は彼が好きだったんです。

単純な女です、ちょっと優しくされたから惚れた、それだけですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です