【麺類をすすって食べる】意外な理由、あなたは知ってますか??

 

◇すすって食べる方が実は美味しい!!??

 

 

日本では麺類を食べるときに、すするという食べ方は欠かせませんよね!?

ですがこの食べ方に重要な役割があったことをご存知でしょうか!?

 

例えて言うなら、普通に食べるよりもすする方が早く口の中に入れることができますよね(^^)

さらに、早くすすり上げることで、絡んだスープを落とさず食べることができるんです!!

 

また普通の食べ方に比べすすって食べる方が、より食べ物の香りを感じることができます。

日本人は昔から「すする」という食べ方によって、スープを麺に絡めて食べ、より良い香りを楽しんでいたんですね♪

************************************

 

◇下品だから麺をすすらない!?

 

 

日本では一般的な「すする」食べ方は、文化の違う外国人からするとまた違った意見があるようです。

最近では、すすって食べるのを不快に感じる人たちの間で「ヌードルハラスメント」という言葉も生まれました。

 

その影響からか、日本人でもすする際に音がでることが気になったりなど、食事のマナーを気にしすする食べ方を封印している人もいるとか。

また麺を「すすらない」のではなく、「すすれない」人もいます。

その原因として、すすり方がわからず口呼吸と鼻呼吸の使い分けがうまくできないそうです。

************************************

 

そんな「すする」食べ方ができないあなたのために、秘訣を教えちゃいます(^^)

その秘訣とは・・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です