【日本語】正しい使い方を確認!「分かる・判る・解る」の違い!

 

 

オールマイティな使い方が出来る「分かる」


 

 

では、漢字によってどのような意味の違いがあるのか見ていきましょう。

おおざっぱに見ていくと

 

・「分かる」は事情や、もやっとしていたことがはっきりする

・「判る」は区別がはっきりする

・「解る」は物事の意味や内容が理解できる

 

という意味合いになります。

一般的な受け答え「わかりました!」などでは「分かりました!」と漢字をあてがうことが多いです。

 

また具体的な「分かる」の使用例としては

 

・消息が分かる

・一目で分かる

・物分かりがよい

・話が分かる

 

などなど、物事が区別されて事情がはっきりする、物事が情報として分かる、という意味合いで用います。

 

「わかる」の漢字の中でも「分かる」は広く汎用性のある言葉であり、「判る」「解る」も「分かる」に置き換えることが可能です。

ですので、大体「分かる」を使っておけば概ね間違いではありません。

 

 

 

 

「判る」は優劣などを判定する時に使う


 

 

次に「判る」の使い方ですが、こちらの具体的な使用例としては

 

・違いが判る

・真相が判る

・嘘だと判る

・将来は判らない

 

などがあり、何かを見分けたり、判断がつかなかった物をはっきり区別出来た時や、優劣や可否の判定の際に用います。

「分かる」が物事への理解として用いる漢字であるとするなら、「判る」は物事の判定に用いる漢字ということになりますね。

 

 

 

 

「解る」は「分かる」よりも複雑な理解を表す時に


 

 

最後は「解る」ですが、こちらは

 

・解りやすい説明

・意味が解る

・彼の言うことはよく解る

・難しくてよく解らない

 

など、物事の意味や理論が理解できた時に用いることが多いです。

理解・解釈・了解など、物事の内容や理論がはっきりする際に「解る」を利用します。

 

例えば「犯人がわかった」の「わかった」は犯人の判定が出来た、という意味合いになるため「犯人が判った」と書きます。

また、「難解な言葉がわかった」の「わかった」は理解の意味となるので、「難解な言葉が解った」という書き方になります。

 

 

 

普段使いにはややこしい「わかる」の判別法・・・。

公的な場所や困った時は一般的に広く使える「分かる」を用いましょう。

意味合いの違いを意識したい時は、是非三種類の漢字を使い分けてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です