スマホを売る時には必ずやっておくべきデータの初期化方法を解説

 

今や買取ショップや、ゲームショップにもも中古品のスマホが多く売られていますよね。
その他にもオークションサイトやフリマサイトにも多く売られています。

機種変更などの際にキャリアに下取りとして出すのではなく、自分が使用していたスマホが誰かに買われ使われるとなれば、データなどはしっかりと消しておかねばなりません。

今回は、スマホを売る、手放す際にやっておきべきデータの削除・初期化について解説していきます。

初期化について

設定⇒一般と進めて、画面下の<リセット>を押しましょう。

そして、<すべてのコンテンツと設定を消去>へと進みます。

この時に、暗証番号(ロック解除)を求められますので解除をすると初期化を行う事ができます。

 

「iPhoneを探す」機能

見落としがちなのが<iPhoneを探す機能>
初期設定時からONに設定されている場合が多く、紛失時に持ち主を特定できるようにという昨日なのですが
売りに出すなどして手放す場合は、しっかり情報を削除しておく必要があります。

 

設定⇒iCloud

画面下にいくと、<iPhoneを探す>という項目がオンもしくはオフになっていると思います。
オンになっていた場合にはオフにしましょう。

こちらは変更時にApple ID の入力を求められますので、入力完了後オフにできます。

 

スマホの売り買いが個人間で行われることも多い世の中ですので
売った相手に、自分が使用していた頃のデータや個人情報を見られないようにするためにも、この2点の作業は必ず行っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です